未分類 発育

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法は?赤ちゃんは苦しくない?

投稿日:

赤ちゃんって本当によくしゃっくりをしますよね。

1日に何度もする赤ちゃんも、実際にいます。

でも、大人でも辛いのに、赤ちゃんは辛くないのかな?

そんな疑問を持ったことはありませんか?

 

今回は、赤ちゃんとしゃっくりについて。

しゃっくりを止める方法や、赤ちゃんは苦しくないのか。

こちらのお話を進めて行きたいと思います。

 

赤ちゃんのしゃっくりについて

赤ちゃんの体温の変化によって、しゃっくりが出ることがあります。

また、体温が下がるとしゃっくりが出やすいと言われています。

しゃっくりを止める方法ってあるの?

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法

・授乳(ミルク・母乳)白湯を飲ませる

この方法が1番推奨できる方法だと思います

もし授乳後にしゃっくりがでたら、ゲップをさせます。

・背中をさすってあげる

背中をさすることで、体温が少しずつ上がっていきます。

冷えからしゃっくりが出ることもありますからね。

トントンすると、赤ちゃんが落ち着き止まることもあります。

・からだを温めてあげる

背中をさすると同様になります。

冷えた身体を温めてあげて下さい。

温めたタオル等を身体にあててあげると効果的ですよ。

・おむつを新しく交換してあげる。

おむつが濡れて身体が冷えて、しゃっくりが出ているかも知れません。

新しいおむつに変えてあげると、不思議と止まることがあります。

 

基本的に、あまり赤ちゃんのしゃっくりに過敏にならなくても大丈夫です。

自然に治まってくるので、心配しすぎないようにしましょう。

しゃっくりは自然と止まると母親に聞いたことがあります。

 

娘は、しゃっくりをしながら笑っていました。

苦しいだろうと思い、止めてあげる方法を探しましたが…

特にその必要はないかと、最後に判断

なので、しゃっくりが出ても、何かするのではなく

娘を見守っていた感じでした。

赤ちゃんはしゃっくりが苦しくないの?

ママが思うほど、赤ちゃんはしゃっくりが苦しくありません。

私たち大人だと、かなり苦しくイライラすることもあります。

ですが、大人ほど赤ちゃんは苦しくないようです。

ママのお腹の中にいたときから、赤ちゃんはしゃっくりをしています。

生まれた後も、その延長からしゃっくりが出てしまう状態。

まだ、身体が未発達な赤ちゃんは、しゃっくりがよく出てしまうようです。

ママとしては、しゃっくりが出ると可哀想だと思いがちです。

でも心配はいりません。

自然に治まるのをまつか、止める方法を活用するか検討してみてください。

 

私が妊婦さんだったとき、娘はお腹の中でしゃっくりをしていたことがあります。

その時は、エコーで先生に言われたのですが、なんだか不思議でした。

出産後も、1日に何度もしゃっくりをしたので、少し不安でした。

病気かな?苦しくないのかな?

かなり心配になり、育児相談でお話したくらいです。

でも、保健婦さんから安心する言葉をもらえて一安心。

それからは、娘がしゃっくりしても気にしないようにしました。

たまに、しゃっくりしながら笑う娘もいましたよ。

そんな時は、私も一緒に笑って、しゃっくりを共有する形で過ごしていました。

まとめ

● しゃっくりを止める方法を活用しよう

● 赤ちゃんはしゃっくりが苦しくない

● お腹の中でもしゃっくりをしていた赤ちゃん

赤ちゃんのしゃっくりは、日々のことだと思っても良いです。

苦しそうで、止めてあげたいと思う気持ちもあるでしょう。

でも、自然に止まるのを待っていても大丈夫。

しゃっくりを止める方法をお知らせしましたが、無理に止めなくても良いです。

始めはしゃっくりが気になると思います。

ですが、赤ちゃんが頻繁にしゃっくりをすると慣れてきます。

可哀想、辛そうとは思わず、気長に止まるのを見守ってあげて下さい。

-未分類, 発育

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.