未分類 発育 離乳食

赤ちゃんにスプーンの教え方をどうしたらいい?いつから始める?

更新日:


ミルクや母乳から離乳食へステップアップ。

先ずは、ママが赤ちゃんへ食べさせてあげます。

いずれ、スプーンやフォークを自分で使う時がくる。

でもそれって、いつ頃から始めるのかな?

ママはそんな疑問を持ち始めます。

 

今回は、赤ちゃんにスプーンの使い方をどう教えるのか。

いつ頃から始めると良いのか、お話していきます。

 

初めてスプーンを持たせた時は、キョトンっとした表情

でも次はすぐに、ポイって投げ捨ててしまった娘

そんな場面にこれから遭遇するママの力になれればと思います。

ぜひ参考にして、試してみてくださいね。

 

スプーンの使い方をいつ教える?いつから始めるの?

離乳食・スプーン練習の進め方

自分で使うようになるには、順を追って練習をしていきます。

① ママやパパから食べさせてもらう

② ママ達が使っている所を見て学ぶ

③ 自分で持ってスプーンの練習

①と②を進めると、自然とママの持っているスプーンを取りたがります。

食べるペースもつき、お腹も空く赤ちゃん。

自分でやるという意識が少しずつ出てきます。

そして、きっと多くの赤ちゃんが経験する、手掴みで食べること。

早く食べたい、自分で食べたい願望が出てくるので、手が先にでます。

始めは下手でも、次第に手でつかみ上手に食べます。

それと同じ要領で、スプーンも持ち練習

食べたい願望から、どんどん上手に使いこなせるようになりますよ。

 

食べる事が大好きな娘

離乳食を作っている間から、早く食べたくて仕方ない状態

座って待たせている時も、目の前にスプーンを置くようにしていました。

手で触ったりして、スプーンに慣れていく感じは見受けられましたね。

その為、スプーンを持たせると、ポイッとする機会はありましたが

頻繁にする事はありませんでしたよ。

予めスプーンの存在を見せておいて、良かったと思いました。

スプーンの練習はいつからするの!?

特にいつから練習、教えるという決まりはないです。

上手に使えるようになる平均年齢は、1歳半から2歳頃

もちろん、個人差は当然ありますよ。

練習に持たせ始めるのは、1歳が多いみたいですよ。

手掴みで食べる事を知っていれば、スプーンを持たせてみては?

手で食べる事を知れば、自分のペースで食べたいはず。

まだ使えない時期から、あえてスプーンを持たせても良いと思いますよ。

練習をする時は、スプーンですくえるように素材を小さくカット

大きいサイズだと、スプーンではすくえません。

スプーンに乗せても、すぐに落ちる様なサイズはおすすめしません。

出来るだけ赤ちゃんが食べやすい物や、切り方

ちょっと工夫するだけで、凄く違いますよ。

また、上手く食べれない事が続くと、赤ちゃんも凄く気分が悪いです。

なので、スプーンを使うのが嫌で、手掴みの状態に戻ります。

そうならない為にも、ママが工夫してスプーンの練習をさせましょう。

 

私は離乳食を初め、少し経った頃にスプーンを持たせました。

まだ全然使えないのですが、とにかく持たせてみたんです。

すると、私が娘に「あーん」とすると、娘も同じ様にマネを…

これにはビックリしましたが、やっぱり見ているんだね~と実感

その日から、あえて食べる動作を見せるように心がけました。

気が付くと、私に向かって「あーん」としている娘がいましたよ。

目で見て覚えていく赤ちゃん。

これって凄く不思議ですが、成長しているんだな~と実感しますね。

まとめ

● スプーンの練習は順を追ってする

● 手掴みで食べる事も必要

● 上手に使えるのは1歳半~2歳頃

スプーンですくえる大きさの食材にする

1人で食べられるようになると、ママの負担は1つ減ります。

いざ持たせても、こぼす、なげる、嫌がる。

早く食べたい赤ちゃんからすると、練習は嫌でたまりません。

1日3食の練習は避けて、1日1度だけでも良いですよ。

ゆっくり時間を掛けて、練習していきましょう。

ご飯を食べる喜びや楽しみ、上手に食べられると褒められる嬉しさ。

ママがスプーンの練習と一緒に教えてあげましょう。

1人で食べられるようにさせるには、ママの根気が必要ですよ。

頑張ってスプーン練習してあげて下さいね。

-未分類, 発育, 離乳食

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.