アレルギー 予防 発育 離乳食

赤ちゃんはチーズの量をどのくらいあげて大丈夫?一日の限度は?

投稿日:

カルシウムがたっぷり含まれる食材のチーズ。

出来れば離乳食に取り入れて、赤ちゃんの為に美味しい物を作ってあげたい。

そう思うママもたくさんいます。

私もその一人でした。

 

そんなママ達のため、今回は赤ちゃんとチーズについて。

チーズの量をどのくらいあげても大丈夫なのか。

1日の限度量があるのか。

こちらのお話をしていきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

赤ちゃんにチーズをたべさせたい!みんなどうしているの?

チーズを使って離乳食を作りたい。

カルシウム、栄養価が高いから食べさせてあげたい。

色んな気持ちから、チーズを赤ちゃんにあげたいと思う事があります。

でも、実際にどのくらいあげていいのか迷ったママも多いでしょう。

どのくらいのチーズをあげて大丈夫かな?

初めて赤ちゃんにチーズをあげるときは、スプーン1口からにしましょう。

量で言うと5g程度ですね。

チーズに含まれる塩分を取り過ぎてしまうため、その量になります。

また、離乳食に合わせて食べさせる場合

他の食品も一緒に摂取しますよね。

タンパク質を多く取る場合や、食材に合わせての量の調整は必要だと思います。

 

チーズの種類はたくさんあります。

カビ系のチーズは、赤ちゃんに不向きです。

少量でも、あげるのは控えて違うチーズを選んでください。

また、必ず初めは少量から、赤ちゃんの様子をみて食べさせて下さい。

チーズは乳製品のため、アレルギーを発症するケースもあります。

いきなり沢山の量から始めるのではなく、本当に少量が理想です。

赤ちゃんの内臓は、まだまだ未熟な状態です。

そのため、あまり塩分を取り過ぎてしまうと腎臓疾患のリスクが高くなってしまいます。

なので、チーズの量は意識してあげることがとても重要だと思いますよ。

 

私の場合、かなりチーズについては悩みました。

食べさせたい、でも量が分からない。

離乳食の内容によっては、量も調整しないといけないので面倒だな…

そんな気持ちも正直あったこともあります。

でもそれもはじめだけ、慣れてくると量の調整は楽チンにできますよ。

赤ちゃんの身体にあったチーズを食べさせるため、量には意識してあげて下さいね。

先ずは、本当に1口を続けても良いと思いますよ。

1日のチーズの限度量は?どのくらいまで大丈夫?

市販で販売されているスライスチーズに例えて、お話しますね。

スライスチーズには、1枚当たり0.3g~0.5gの塩分が含まれています。

赤ちゃんの摂取する1日の塩分摂取量から考えると、離乳食中期で1/6です。

スライスチーズを半分食べて良い時期は、離乳食後期ころ。

離乳食の完了時期になり、やっと1枚食べて良い頃だと思います。

1日に沢山の塩分を取らない為にも、最低このくらいの量が1日の限度ですね。

美味しそうに食べてくれる、チーズを欲しがる。

これらを理由に、摂取量を超えてあげるママもいます。

ですが、ここはグッと我慢してあげて下さい。

塩分の量を取り過ぎると、本当に良くありません。

赤ちゃんの事を第一に考え、しっかり量は適量をあげてくださいね。

 

私の娘は、チーズが大好きでした。

初めてチーズをあげた一口。

そのあとも凄く欲しがり、泣いたこともあった娘です。

泣く姿をみて、追加であげたいと思いました。

でもやっぱり塩分摂取量が気になり、我慢させたことを覚えています。

今思えば、離乳食のレシピを増やす為チーズを利用しましたが

急がず他の食品で対応すれば良かったかなと思う事も正直ありました。

でも栄養満点なチーズを使ってあげようと言う気持ちもママとしてはあり…

量さえ守れば、本当に良い食材だと思います。

是非参考にして使ってみてくださいね。

まとめ

● スプーン1口からあげること

● 5gのチーズをあげて大丈夫

● 1日の限度量は離乳食中期で1/6

チーズはアレルギーを引き起こす食品です。

初めてチーズを食べさせるときは一口から始めること。

赤ちゃんの成長段階によって、限度量も変わってきます。

食べさせる量によっては、塩分摂取量がオーバーしますからね。

チーズを正しく使って、色んなチーズレシピで食べさせてあげましょう。

-アレルギー, 予防, 発育, 離乳食

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.