ミルク 水分補給 発育 離乳食

赤ちゃんが水でむせる。対処法は?適切な量ってどのくらい?

投稿日:

「ケホッ!ケホッ」

飲み物を飲んでいると、突然むせる赤ちゃん。

それにはママもビックリ!

飲ませ方を間違えたかな?と不安を感じるママもいます。

 

今回は、赤ちゃんが水でむせたときの対処法。

適切な量について、お話していきましょう。

 

水以外に、麦茶などでむせた経験がある娘でした。

始めは本当にびっくりして、アタフタした私です。

同じ経験をしない為にも、ぜひ参考にして下さいね。

 

赤ちゃんが水でむせるのは何故!?

赤ちゃんに適していない量を飲むと、水に限らずむせます。

原因としては、気管に入ってしまうことから起こります。

なので、グビグビ飲まないように、量の調節が必要ですよ。

教えて!むせない対処法はあるのかな?

対処法としては、一度にたくさんの水を与えないこと。

ミルクとは違い、水はサラサラしています。

今までと違う感覚に慣れるまでは、少し慎重に与えます。

例えば、哺乳瓶で飲ませるとき

乳首の穴をよく選びます。

穴が大きいと、水の出る量が多く、当然むせる原因となりますからね。

慣れるまで、スプーンで一口、一口飲ませてあげる。

ゴクンと飲み込んだら、次を飲ませてあげるなど。

これだと、むせることもありませんよ。

またこの方法は、哺乳瓶でも出来ます。

 

初めてのお水、私は白湯でしたが、かなりゲホゲホなりむせた娘。

哺乳瓶に入れて飲ませたのですが、穴の大きさを考えていませんでした。

その為、乳首の穴が大きく、サラサラと口の中に入って行ったんです。

そのせいで、気管に入ってしまい、むせて辛そうでした。

同じ事を繰り返さない様に、小さい穴の乳首を購入しましたね。

それを変えただけで、むせることなく水分補給をしていましたよ。

まさか、そんなことでむせるなんてって思っていたので、反省です。

簡単に飲める物でも、赤ちゃんにとっては脅威に変わるんだと実感

それ以来、水だけに限らず、ミルク以外の飲料には気を付けるようにしました。

むせないように調整!適切な水量ってどのくらい?

一度にたくさんの水を与えず、少量ずつにして下さい。

適切な量で考えると、難しく感じるかも知れません。

簡単に言いますと、赤ちゃんの口に入る量です。

飲ませる量、哺乳瓶の中の量と考えず、そちらで考えてみてください。

すると、ママも分かりやすく、このくらいずつ口に入れば良いかな?

ヒントが見つかり、赤ちゃんへの対応がやりやすくなると思います。

参考としては、慣れない間は、スプーンであげてください。

スプーンに一杯、赤ちゃんへ一口ずつ口に入れてあげる。

スプーンに慣れたら、哺乳瓶で飲ませるなど工夫します。

そして、水に慣れてきたら、量を増やしてあげる。

ママが赤ちゃんの様子を見ながら、調整してあげると良いですね。

 

私の場合、哺乳瓶には少量の飲み物をいれて与えました。

むせる姿を見たくないので、面倒ですが、1回毎に口から乳首をはずします。

のんだな?と確認してから、哺乳瓶の乳首を口に入れる。

この繰り返しで、むせることもほぼありませんでしたよ。

毎回口から哺乳瓶を取られるので、娘が泣いていたこともありました。

でもその行動も繰り返し続けると、娘も慣れてきましたね。

与える回数が増えれば増えるほど、水にもなれ、上手に飲めるようになりました。

まとめ

● 気管に入るからむせる

● 一気に水を飲ませ過ぎない

● スプーンや乳首で量を調整

● 少量の水を口にいれてあげること

ミルク以外の飲み物に慣れるまでとはいえ、むせると可哀想ですよね。

成長過程として捉えるのが1番です。

ママやパパが飲むように、上手に飲めない赤ちゃんです。

月齢や経験と共に、水を飲むことにも慣れていきますよ。

もしむせた姿をみたら、頑張って飲む練習をしているんだ…

そう思ってあげると、過剰な心配が減りますよ。

温かく見守ってあげて下さいね。

-ミルク, 水分補給, 発育, 離乳食

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.