おもちゃ お出かけ 発育

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる。すんなり乗ってくれる方法は?

投稿日:

 

法的に義務付けられているチャイルドシート。

赤ちゃんが乗ることを嫌がり、困った経験はありませんか?

個人差はありますが、チャイルドシートを嫌がる赤ちゃんは多いです。

 

今回は、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる。

嫌がらず乗ってくれる方法など、ママ達に役立つ情報をお話しします。

 

チャイルドシートについては、私はとても困った経験があります。

乗せると泣く娘、車が停止すると大泣き。

本当に苦労しましたよ。

私と同じ経験をしない為にも、詳しく書いていきましょう。

 

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる!対処法はあるの?

チャイルドシートを嫌がる原因を探そう!

道路交通法で定められているので、絶対に必要なチャイルドシート。

嫌がる原因として、以下をあげてみました。

・ママやパパの姿が見えない

・車内の温度が暑い、寒い

・車内の臭いを嫌がる

・自由に身体を動かせられない

・慣れない空間、椅子が落ち着かない

・座るとフィットしないので不快な気持ちになる

原因を考えると、次は対策を考える事が出来ます。

先ずは、赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる原因を考えてみること。

少しずつ嫌がらず座ってくれる方法を、模索していきましょう

嫌がらず乗ってくれると、安心して運転できますからね。

 

私も本当にチャイルドシートには、苦労させられました。

嫌がり、泣き疲れて寝てしまっている娘。

正直、娘が泣いたまま運転した経験もあります。

可哀相でしたら、移動手段が車の時は慣れるまでの辛抱と…

でも原因や対策をしていくことで、嫌がることなく座ってくれました。

時間は掛かりますが、ママとパパで力を合わせて下さいね。

赤ちゃんが嫌がらず、すんなりシートに乗ってくれる方法は?

嫌がる理由や原因がわかれば、改善してあげます。

ですが、原因が分からず困り果てるママもいるでしょう。

今回は、一般的な方法をお知らせしたいと思います。

・チャイルドシート専用のオモチャを付ける

運転してるマネが出来るタイプのオモチャ。

シートに取り付けられる物があります。

音が出るタイプもあるので、遊びならシートに乗れるます。

その為、座っていることを忘れさせ、嫌な気持ちを紛らわしてくれますよ。

・ママやパパが見えるように工夫する

パパが運転する場合

ママは助手席には座らず、チャイルドシートの横に座りましょう。

赤ちゃんとママだけのドライブだと、ママが頻繁に声を掛けましょう。

ルームミラーを赤ちゃんに合わせて話しかけると、効果的です。

ちょっとした事で、赤ちゃんがママを感じられますからね。

・大好きなアニメや聞きなれた音楽を掛ける

お家の中で聞きなれた音楽や、アニメ

その音が聞こえるだけでも、赤ちゃんの精神面は違います。

たとえ画面が見えなくても、音や声に反応して安心してくれますね。

・慣れるまで何度もチャイルドシートに座らせる

家の中にシートを置いて、繰り返し乗せてあげる。

普段乗りなれないので、嫌がることが多いです。

なので、お家の中でもわざと乗せてあげる。

少しずつシートに慣らしていく形を作ります。

・不快感を持たないようにしてあげる

チャイルドシートに乗せる前、赤ちゃんの状態も万全に!

オムツを変えてスッキリ、お腹も満たされているなど。

出来るだけ赤ちゃんが不快を感じない様、事前に準備万端に。

シートのベルトもきつく締めすぎないこと。

不快となる要素は、取り除いて乗せてあげましょう。

 

チャイルドシートを嫌がらせず乗せるグッズなど。

店舗に行くと、色んな物が販売されています。

幾つか試してみても、嫌がる赤ちゃん。

その時は、グッズを試してみるのも良いですね。

車に乗る回数も増やして、どんどんシートに慣らしていきましょう。

まとめ

● 嫌がる原因を見つけて改善してあげる

● 幾つかの方法を試してみる

● チャイルドシートのグッズも参考にしよう

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がると、ママも困り果てます。

出掛ける事も嫌になり、車移動に苦痛を感じてしまいます。

シートを嫌がるのには、必ず原因があります。

原因を探り、改善してあげましょう。

必ず!赤ちゃんと一緒に楽しいドライブが出来るようになりますよ。

ママとパパ、力を合わせて頑張って下さいね。

-おもちゃ, お出かけ, 発育

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.