未分類 発育

赤ちゃんのストロー練習の仕方!嫌がらずに練習させるコツは?

投稿日:

赤ちゃんは日々成長していきます。

母乳やミルクは哺乳瓶で飲む。

でもそれ以外の飲み物が飲めるようになると、ストローが必要です。

 

そこで、赤ちゃんとストローについて。

ストローの練習の仕方や練習させるコツなど。

育児に役立つ情報をお知らせしていきます。

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

便利!赤ちゃんにストローを使わせたい!

教えて!赤ちゃんのストローの練習の仕方

先ずは、ストローに慣れる、赤ちゃんが知ることから始めます。

初めての日にストローで飲ませるのは、凄く難しいです。

なので、ストローを触らせる、口にくわえる事を教えます。

 

例えば、ママが赤ちゃんの前でストローを飲んでいる姿を見せます。

ママと同じように、ストローを口にくわえる赤ちゃんもいます。

同じ物が気になる理由から、ストローを手に取るなど。

反応は、個々に違ってきます。

少しずつ慣れてきたら、次は吸う事をおしえなければいけません。

ストローから飲み物が出ることを、赤ちゃんに知らせる。

自力で吸えないので、スポイドの感覚で口の中に入れてあげましょう。

初めての経験で、きっと赤ちゃんは驚くはずです。

驚いて飲み物を口から出しちゃう子もいます。

でも怒らないで下さいね。

それを繰り返し、練習する事で、ストローから飲み物を飲めるようになりますよ。

ゆっくりストローの練習をして行ってくださいね。

 

私の娘は、食いしん坊ということもあり、上手に吸う事が出来ました。

でも麦茶では失敗をして、ジュースでしたら成功。

初めは、ストローにジュースを入れて口に持って行く。

すると、美味しかったのでしょう。

早く欲しいということで、ストローを手に取るようになったのです。

そのおかげで、ストローから飲むと言うことを覚えてしまいました。

食いしん坊が功を呼んだのか、恥ずかしい感じもしますね。

でも、結果住ストローが上手く使えたので、OKでした。

ストローの練習!嫌がらずに練習させるコツとは?

赤ちゃんがストローを嫌がることは、多々あります。

その場合は、いったんストローの練習を中断した方が良いです。

無理やり練習を続けると、本当に嫌になってしまうことがあります。

強制は逆効果なので、気を付けてあげましょう。

時間をおいてチャレンジするのも、良いですよ。

その時の練習させるコツは

・赤ちゃん用のストローマグをやめてみる。

普通のストローを試して見る。

ママやパパが使うストローと、赤ちゃんのストロー

見比べてみると、細さが違います。

細い方が飲みやすいという赤ちゃんもいますよ。

・ストローマグについている逆流防止弁を取る。

一気に飲むと危険なので、弁がついているマグがあります。

初めてストローを使う赤ちゃんにとっては、吸いずらいのかも知れません。

上手く吸えず、飲むことが出来ずストローを嫌がっているのかも?

一度外してみると、上手に飲む赤ちゃんもいますよ。

・ストローをスポイドの様に使って飲ませる

コップに飲み物をいれ、ストローを入れる。

指で押さえることで、ストローの中に飲み物がたまります。

そのまま赤ちゃんの口に持って行き、飲ませる。

ストローに興味を持たせるように、やってみると良いですよ。

 

ストローが上手く使えず、イライラするママもいます。

実際のところ、ストローは使わずコップのみが早い赤ちゃんもいます。

コツをつかむのが難しいので、1度コツを掴めば上手になります。

今すぐではなくても、いつか飲めるときはやってきますよ。

あまり焦らず過敏になりすぎないように練習して下さいね。

まとめ

● ストローに興味を持つことから始める

● ストローを使う姿を見せてみる

● 嫌がる赤ちゃんに無理やり練習させない

● 練習させるコツを参考にしてみる

● 今出来なくても、いつかはストローが使える

ストローを使う事が苦手な赤ちゃんは、たくさんいます。

時間の問題で、あとから使えるようになる時期はきます。

赤ちゃんのペースに合わせて、ゆっくり練習して行くと良いですよ。

ママは、赤ちゃんが出来ない事にイライラしないこと。

赤ちゃんがコツを掴むまで、じっくり待ってあげましょう。

-未分類, 発育

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.