予防 未分類 発育

赤ちゃんの近くに鏡は危ない?スタンドミラーは倒れる可能性が!

更新日:

親にとって赤ちゃんの成長は本当に嬉しいですよね。

こないだまで天井を見て寝ているだけだった赤ちゃんが、いつの間にかハイハイするようになって、赤ちゃんの成長って本当に早いなぁと痛感します。

ですが、赤ちゃんの成長は嬉しいばかりではありません。

特にハイハイするようになった赤ちゃんにとって、部屋には危険がいっぱい潜んでいます。

今回のテーマは「赤ちゃんの近くに鏡は危ない?スタンドミラーは倒れる可能性が!」です。

赤ちゃんが生まれるまでは何て事なかった部屋の家具が、赤ちゃんを危険にさらしてしまいます。

悲しい事故を防ぐために、赤ちゃんがハイハイする前に部屋の中を見直してみてください。

 

ハイハイが始まったら赤ちゃんのための部屋作りを。

スタンドミラーはとっても危険。我が家で起きた惨事。

スタンドミラーは赤ちゃんが倒してしまう可能性があるので危険です。

立てかけただけのスタンドミラー、外出前に全身コーディネートをチェックするのに欠かせないアイテムなので、どんなご家庭にもあると思います。

もちろん我が家にもありました。

出産したばかりの頃、家に遊びに来てくれた先輩ママさんが口を酸っぱくして「この鏡危ないよ~」と言っていたのですが、その言葉を痛感する日はすぐに来ました。

赤ちゃんはとにかく鏡が好きです。

我が子は鏡を見せると嬉しそうに近づいていき、鏡を舐めてみたり、ニコニコ笑って楽しそうに遊びます。

スタンドミラーに触ろうとする時は「危ないからダメね」と声をかけ、絶対に目を離さないようにしていました。

しかし、慣れから一瞬の隙が生まれてしまい、ちょっと目を離してしまった時、ガシャンという大きな音と供に我が子がスタンドミラーの下敷きになってしまったのです。

おそらくスタンドミラーを押してしまったのでしょう。

鏡の面が倒れ、我が子は仰向けになって倒れていました。

おでこを打ったようで、おでこには青タンができていました。

幸いにも青タンだけで済みましたが、万が一鏡が割れていたり、その割れた破片でケガをしたり、目に入っていたらと考えるとゾッとします。

赤ちゃんに何かある時って本当に一瞬のことです。

ちゃんと見ているから大丈夫と思っても、絶対に大丈夫なことなんてないんだなと反省しました。

また事故だけでなく、もしも大きな地震がきて倒れてしまったら、破片が飛んで危険ですよね。

このような理由から、スタンドミラーは赤ちゃんにとって危ないものです。

 

他にもある危険な家具

私が赤ちゃんと一緒に生活してみて、危険だなぁと実感した家具を挙げていきたいと思います。

それは、テーブルやテレビの角、ソファー、折りたたみの椅子などです。

テーブル、テレビ台の角

テーブル、テレビ台の角は、つかまり立ちを始めた赤ちゃんにとって危険です。

まだ体が不安定な赤ちゃんはすぐに足を踏み外します。

よろけて倒れた時におでこやあごをぶつけてしまうので、尖っている角はコーナーガードで保護しておくと安心です。

家具の角に貼れるクッション性のシールが売られているので利用しましょう。

ソファー

ソファーからの転落は良く聞きます。

私もそうでしたが、まだ寝がえりのできない赤ちゃんをソファーの上に寝かしているママも多いかと思います。

でもこれはとっても危険なことです。

実際、我が家でもソファーからの転落がありました。

ふとした瞬間に何が起こるかわからないので、ソファーの上で寝かせるのは止めましょう。

また、つかまり立ちを始めた赤ちゃんは、ソファーをつかんであんよの練習をします。

いつの間にかソファーの上によじ登っていたなんてこともあります。

昨日まではできなかったことが急にできるようになるのが赤ちゃんです。

よじ登った末に転落してしまったなんてことがないように、絶対に目を離さないでください。

頭が重い赤ちゃんは頭から落下するので、とても危険です。

折りたたみ式の椅子

軽い椅子は倒れます。

我が家の食卓椅子は折りたたみ式のものでした。

軽くて、邪魔な時は畳んで寄せておけるので良いなと思い、妊娠前から使っていたものです。

あんよの練習を始めた頃、赤ちゃんが押し車みたいにして、この椅子を押して歩くようになりました。

その姿はとても可愛いのですが、力の加減やバランスを崩すと椅子は倒れます。

折りたたみ式のものだと、手を挟んでしまう恐れもありますね。

赤ちゃんがいるご家庭では重みのある椅子を使われた方が良いかもしれません。

 

このように、赤ちゃんにとって危険なものはスタンドミラーだけではありません。

是非、ご自宅の見直しをしてみてください。

どうしても排除できないものや場所にはベビーゲートを設置して、赤ちゃんが近づけないようにすると良いですね。

 

まとめ

  • スタンドミラーは倒れて危険。
  • 余計なものは置かず、シンプルな部屋にする。
  • 角が尖っているものにはコーナーガードを付ける。
  • 危険なもの・場所にはベビーゲートを設置する。
  • 一瞬でも赤ちゃんからは絶対に目を離さないこと。

いかがでしたか?

スタンドミラーは赤ちゃんにとって危険です。

できれば排除したいものです。

また、スタンドミラーだけでなく、部屋の中には赤ちゃんにとって危険な家事がいっぱいあります。

赤ちゃんの発達に合わせてお部屋を見直し、安全に生活できると良いですね。

-予防, 未分類, 発育

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.