未分類 発育

赤ちゃんが成長しちゃうのが寂しい。嬉しいけど寂しい瞬間あるある

更新日:


生まれて喜びに満ちた赤ちゃんの誕生の瞬間

それから月日は、どんどん流れていきます。

赤ちゃんの成長は、月齢によって変わり驚かされる毎日

ママやパパ、周囲の人達も赤ちゃんの成長を見守っています。

しかし、いつまでも赤ちゃんのままではありません。

大きくなるにつれて、成長が寂しいと感じることも出てきます。

 

今回は、赤ちゃんの成長をテーマ

「赤ちゃんが成長しちゃうのが寂しい。嬉しいけど寂しい瞬間あるある。」

こちらのお話を進めていきましょう。

 

私は、どんどん成長していく娘に感動の日々でした。

でも月日が流れ、6カ月、1歳と成長する娘

でも、寂しいと感じた経験もありました。

きっと、同じ様な経験をしたママやパパは沢山いるのではないでしょうか。

 

寂しさを感じる瞬間あるある!それってどんなとき?

服のサイズが変わったとき

生まれてすぐは、真っ白い産着、長肌着や短肌着

出産準備中に想像しながら買った、服たちです。

でも半年くらいになると、もうダメ。

「大きくなったな~」

新しいサイズの服を選びながら、ふと寂しさがじんわり。

私が初めて感じた寂しさは、これでした。

大きくなるのは嬉しいけれど、今まで来た服を片付けると

何とも言えない寂しさにかられてしまいましたね。

成長を感じると、寂しさも一緒に感じるママとパパ

なんとも言えない気持ちですね。

あんよ、よちよち歩きが、できたとき

今まではハイハイや寝返り程度できた赤ちゃん

でも歩けるようになると、行動範囲が広がります。

成長した証なので、嬉しいことは間違いありません。

ですが、今までは泣いてママを呼んで抱っこ。

何かとママが必要でしたよね。

でも一人歩きできると、ママが居なくても大丈夫。

自分でたっちして、歩く姿はたくましさを感じます。

成長したと実感できるのですが…

やっぱりなんだか切ない気持ちで一杯になります。

よいしょ、よいしょと一緒に歩いた娘

一人で歩けるようになると、手を繋ぐ事を嫌がることも…

そんな時、本当に寂しかったです。

一人で歩けるよ!と言いたい娘なはず!

でもママとしては、嬉しくもあり寂しくもあった時期でした。

ママやパパと呼べるようになったとき

「ママ」と呼んでくれたとき、どれだけ喜んだことでしょうか。

でも順番に色んな言葉を覚える赤ちゃん。

「パパ」と言う言葉も覚え他の言葉も声に出します。

やきもちかも知れませんが、ママよりパパを多く呼ぶと

「どうしてパパばかり」と寂しくなるママも少なくありません。

ママばかりだった赤ちゃんが、パパばかりに…

言葉を覚えるのは嬉しいこと。

でも、切ない気持ちを感じることもあります。

私も同じ経験をして、パパばかり呼ぶ娘。

私は心の中で、何度も寂しさを感じた経験がありますよ。

赤ちゃんの成長は、本当に日々変化します。

昨日できなかったことが、明日には出来るようになる。

驚かされることばかりです。

ママやパパにとって成長する姿は、嬉しさしかない!

そういう訳でもないんですよね。

嬉しい、でも寂しい、嬉しい、でも寂しい。

きっとこの繰り返しが、子育ての醍醐味だと私は思いますよ。

まとめ

● 成長を感じると寂しさも一緒に感じることもある

● 嬉しい、でも寂しいの繰り返しが育児の醍醐味

赤ちゃんの成長が寂しいと感じるとき

心のどこかで、その想いをしっかり刻んでおきましょう。

いましか見れない瞬間をママやパパは見ています。

その成長、一度しかみれないんです。

なので、なかなか感じることもないのかもしれません。

その瞬間を大切に、その時感じた気持ちを良い思い出にして下さい。

「あの時はこんな風だったから寂しかった」

赤ちゃんの頃の話を、娘に話をすることがあります。

ママはこんな気持ちになったんだよと伝えてあげる事って良いですよ。

思い出話の一つとして、大きくなったときに話してあげて下さいね。

-未分類, 発育

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.