未分類

赤ちゃんのほっぺにキスをしてスキンシップをとろう!スキンシップをとると嬉しい効果が!

更新日:

赤ちゃんにキスしてますか?

愛らしい赤ちゃんを見ていると、思わずギュッと抱きしめてキスしたくなりますよね。

キスなどのスキンシップは赤ちゃんがとっても喜びます。

 

今回のテーマは「赤ちゃんへのキスはほっぺにしよう!スキンシップが赤ちゃんは嬉しい!」です。

 

スキンシップが大切な理由と、ほっぺへのキスが好ましい理由を解説していきますね。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スキンシップをとることの効果と注意点

スキンシップをとることの効果

スキンシップには赤ちゃんが安心する・病気に強くなると言う効果があります。

ママが赤ちゃんの体を優しく撫でてあげたり、キスをしてあげると赤ちゃんはとっても安心します。

生まれたばかりの赤ちゃんはあまり目が見えませんよね。

なので耳から聞こえる音と、皮膚から感じられる刺激が大切なんですね。

スキンシップをとると、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

これは通称「幸せホルモン」といって、信頼や愛情、安心感を得られた時に脳内で伝達物質の働きをすることがわかっています。

病気に強くなる効果の仕組みを説明すると、赤ちゃんに触れたり、ほっぺにキスした時、ママは赤ちゃんが感染したウィルスを自然と体内に取りこんでいます。

そしてそのウィルスに対する免疫を作って、母乳を介して赤ちゃんに与えることができるからなんですね。

是非、たくさんスキンシップをとってあげてください。

 

ママやパパにも良い効果がある

赤ちゃんと触れ合うことで、ママやパパにもオキシキトンが分泌されることがわかっているのです。

つまり、スキンシップは赤ちゃんの心を成長させてくれるだけでなく、ママやパパをも幸せにしてくれるということですね。

スキンシップをたくさんして、ママやパパも幸せホルモンを分泌させましょう。

 

スキンシップをとる時の注意点

虫歯菌をうつさないためにもキスはほっぺにしましょう。

スキンシップは大切だけど、お口にキスしてる人、要注意です!

理由は、大人の口の中にいるミュータンス菌が赤ちゃんにうつってしまう恐れがあるからです。

いわゆる「虫歯菌」というやつですね。

歯が生えていない赤ちゃんの口の中にはもともとは存在しない菌ですが、大人の唾液から赤ちゃんにうつってしまうのです。

赤ちゃんのお口の健康を守ってあげたいですよね。

なので、ほっぺにキスしてスキンシップしてあげてください。

 

まとめ

  • スキンシップをたくさんして赤ちゃんの心を育てましょう。
  • スキンシップはママやパパにも嬉しい効果がある。
  • お口にキスは厳禁。
  • キスはほっぺにしよう。

キスなどのスキンシップは赤ちゃんが育っていくための心の栄養になります。

初めての育児は慣れないこともたくさんあって大変ですが、赤ちゃんに「大好き」「ありがとう」の心をこめてたくさんスキンシップしてあげたいですね。

-未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.