げっぷ 嘔吐 病院

赤ちゃんが嘔吐した!熱があったらすぐ小児科を受診するべき?

更新日:


赤ちゃんは月齢にもよりますが、げっぷをする反動でミルクや食べ物を嘔吐してしまうことがあります。

病院に受診をするべき症状なのか、生理的なものなのかということを見極める必要があります。

今回は、『赤ちゃんが嘔吐した!熱があったらすぐ小児科を受診するべき?』という質問についてお答えいたします。

熱がある場合は病気なのか、体に熱がこもってしまったことによる体温の上昇なのかということなど、見極める方法をご紹介したます。

今回の記事担当はあすかです。
ライターあすかのプロフィールはこちら

顔色や息遣いなどをチェック

赤ちゃんに嘔吐の症状がある場合、顔色や息遣いなどにおかしな点がないかを確認します。

繰り返す嘔吐や、発熱を伴う嘔吐の場合には、小児科を受診することをオススメします。

嘔吐と共に発熱がある場合に、様子を見ようと小児科の受診を遅らせると、知らぬ間に赤ちゃんが脱水症状を起こすことがあります。

脱水症状を起こしやすい赤ちゃんは、大人が思うよりもたくさんの水分を必要としています。

小児科で診断を受けてから、対処の方法を考えるようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの急な症状は、大人もあたふたしてしまうことがあります。

ミルク吐きが頻繁な赤ちゃんは、いつものことだろうと見過ごしてしまいがちです。

いつもとは違う体温の上昇や、顔色が良くないという場合には、必ず小児科を受診するようにしましょう。

子供が嘔吐をした場合、その回数や熱の有無を確認しましょう。

私の息子はげっぷをすることが苦手で、よくミルクを吐き戻していました。

病的で小児科の受診が必要かということは、熱があるかということで判断をしていました。

嘔吐の症状が頻繁で、熱がある場合などは迷わずに小児科にかかるようにしてくださいね。

-げっぷ, 嘔吐, 病院

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.