インフルエンザ 予防 病気 風邪

赤ちゃんのインフルエンザ予防はどうすればいい?一番効果的なのは?

更新日:


冬になるとインフルエンザを中心に、感染症が流行することで外に出るのが億劫になってしまいますよね。

赤ちゃんの間はインフルエンザのワクチンを打たないと決めた方、予防法などで疑問に思うことはありませんか?

今回は、『赤ちゃんのインフルエンザ予防はどうすればいい?一番効果的なのは?』ということについご紹介をします。

私も、1歳まで赤ちゃんにはインフルエンザのワクチンを打たないように決めた一人なので、経験談を元にお話ししたいと思います。

少しでも参考になることができれば嬉しいです。

今回の記事担当はあすかです。
ライターあすかのプロフィールはこちら

インフルエンザの一番の予防は

インフルエンザの一番の予防は、マスクや手洗い、うがいであると言われます。

赤ちゃんはマスクをすることや、手洗いうがいをすることはとても難しいことですよね。

私は、外出時には頻繁にお茶を飲ませ、帰宅後には手をウエットティッシュで拭くなどの徹底をして予防をしていました。

4歳になり保育園に通うようになってから、インフルエンザに初めてかかってしまいました。

しかし、それまでの間は先ほどの予防法でインフルエンザの予防ができていたと感じています。

家族がインフルエンザにかかってしまった時にも赤ちゃんには移ることはありませんでした。

私の中で一番の予防法は、喉にウイルスをとどめておかないために水分補給を頻繁にすることではないかと感じています。

ウイルスを100%防ぐのは難しい

感染症の予防をしようと考えると、つい神経質になってしまいがちであると思います。

ウイルスは目に見えないことから、罹ってしまうことを100%防ぐということは難しいと割り切りましょう。

最大限に予防をすることよりも、生活の環境などから、出来るだけ細菌やウイルスに触れてしまうことがないように私は気を付けるようにしました。

まとめ

赤ちゃんがインフルエンザになってしまわないようにするには、家族の協力が必要だと考えています。

大人はできる限り、外出時にはマスクをし、家庭内に病気を持ち込まないように心がけてくださいね。

また、赤ちゃんの様子が少しでもいつもと違うと感じた時には、無理して外出などをしないように気を付けましょう。

-インフルエンザ, 予防, 病気, 風邪

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.