インフルエンザ 病気 風邪

赤ちゃんがインフルエンザのとき熱はどのくらい?何度から危険?

更新日:

赤ちゃんに熱があって、インフルエンザかもしれない…。

そんな時は、苦しんでいる赤ちゃんだけでなく、ママやパパも心配で辛いですよね。

今回は「赤ちゃんがインフルエンザのとき熱はどれくらい?何度から危険?」というテーマについて、私が調べたり先輩ママに聞いたことをお伝えします。

赤ちゃんに熱があって心配になっているママの、判断基準になれば幸いです。

インフルエンザはほとんどの場合38度を超えます。

まず、赤ちゃんがインフルエンザにかかると熱が急激に上がり、38度以上になることがほとんどです。

40度を超えることもめずらしくはないようですが、41度を超えると命の危険もあります。

インフルエンザに感染すると、人間の身体はウイルスの増殖を抑えようとしますが、高熱が出ることはその作用の一つだと言われています。

なので、赤ちゃんがインフルエンザで高熱を出している時は、身体がウイルスと戦っている証拠なんです。

インフルエンザの型によって高熱を出しやすいものもあり、40度超えを経験することも多くあります。

41度を超えると命に関わってくるので、必ずお医者さんの指示に従いましょう。

 

まとめ

赤ちゃんが発熱すると、とっても不安になりますよね。

熱が高い時は、自己判断に任せずに、医療機関にかかることをおすすめします。

赤ちゃんが病気になるのは、強い身体を作っていくために、ある意味必要なプロセスなのかもしれません。

赤ちゃんが病気の時はママやパパも大変ですが、正しい対処で乗り越えていきましょう!

-インフルエンザ, 病気, 風邪

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.