インフルエンザ 予防 予防接種 病気 風邪

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種はできる?効果は本当?

更新日:


寒い季節が近づいてくると、赤ちゃんが感染症にかかってしまうことがないかとても心配になりますよね。

ワクチンで防ぐことができるのであればワクチンを打ってあげたい。

けど、副反応も不安になるということで悩んでいるお母さんもいますよね。

 

今回の記事では、『赤ちゃんはインフルエンザの予防接種はできる?効果は本当?』という疑問について、お答えします。
私が予防接種について調べたことや、自分なりに考えたよぼ王接種の良点や悪点について体験談も交えてお伝えします。

少しでも参考になればと思います。

今回の記事担当はあすかです。
ライターあすかのプロフィールはこちら

生後六か月の赤ちゃんには予防接種を

インフルエンザの予防接種は、赤ちゃんでも打つことができます。

基本的には6ヶ月以上になってからが基本です。

6ヶ月になったからといって効果が100%ではないところがインフルエンザの予防接種の悩みどころです。

私がかかりつけにしている医師によると、1歳に満たない赤ちゃんの予防接種の効果はとても低いそうです。

接種の判断は赤ちゃんの生活環境から考えた必要性が上回った場合に接種を推奨しているとのことでした。

息子は保育施設に通っていなかったことと、人ごみを避けて生活をしようと家族で決め、接種を見合わせることにしました。

医師によって考え方も違うので、信頼できる先生の意見を参考にもしてみてくださいね。

予防接種の副作用

予防接種はどの種類のものにも副反応が出てしまう場合があります。

赤ちゃんの体調が良い時でも急に熱の反応が出ることもあるなど心配ですよね。

過度に心配をして、防ぐことができる病気に罹ってしまうのは元も子もありません。

安全性や副反応の危険性などをしっかりと理解したうえで、打つことが可能なワクチンを接種していくようにしましょうね。

まとめ

インフルエンザは冬にとても騒がれ、赤ちゃんが罹ってしまうと重症化してしまうことも考えられます。

ウイルスを持ち込まないように家族が木を付けることが一番重要なポイントともいえると思います。

1歳に満たない赤ちゃんの場合には、普通以上に、インフルエンザのワクチンの必要性を、家族で話し合うことが安心に繋がると感じます。

-インフルエンザ, 予防, 予防接種, 病気, 風邪

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.