予防 未分類

赤ちゃんとのキスは危険!キスをしてはいけない理由って?

更新日:


かわいい赤ちゃんを見ていると思わずキスしたくなりませんか?

でもちょっと待って!

赤ちゃんへのキスは危険がたくさんあること知っていますか?

もしかしたらかわいい赤ちゃんの命さえも奪いかねないのです。

今回は「赤ちゃんとのキスは危険!キスをしてはいけない理由って?」というテーマでお話しますね。

赤ちゃんへのキスに潜む危険。キスだけじゃない注意点。

赤ちゃんへのキスで起こりうること

赤ちゃんにキスをしてはいけない理由は、虫歯菌や歯周病菌、ピロリ菌などをうつしてしまうからです。

実は、うまれた赤ちゃんに虫歯菌は存在しません。

食べ物から虫歯菌がうつることもないのです。

ではどうして虫歯になってしまうのでしょう。

それは、ママやパパなど周りの大人からうつってしまうからなんですね。

虫歯菌だけじゃなく、口の中にはウィルスがたくさん存在しています。

胃炎や胃がんの発祥リスクを高めるといわれているピロリ菌をうつしてしまうことだってあるんですよ。

ピロリ菌は免疫力が低い乳幼児期に感染しやすいと言われています。

かわいい我が子が病気になってしまったら嫌ですよね。

ただ、赤ちゃんへのスキンシップはとても大切です。

キスはほっぺやおでこに留めて、たくさん抱きしめてあげたり、スキンシップも忘れずに育児ができると良いですね。

キス以外にも気をつけたいこと

キスをしなければ大丈夫?

いえいえ、ダメです。

大人の唾液が赤ちゃんの口に入ることから感染が始まります。

なので、大人が噛んだものを赤ちゃんに与えたり、同じスプーンやフォークを共有すること、大人が使った箸で取り分けてあげることも止めましょう。

離乳食をあげる時に、ふぅふぅーと息を吹きかけて冷ましてあげる方も多いかもしれませんが、この行為も要注意です。

そして大前提として、ママやパパがしっかり歯のメンテナンスをしておくことが大切ですね。

赤ちゃんのために、大人も歯医者に行き、虫歯の治療や歯周病予防を行いましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんへキスには危険がいっぱい潜んでいます。
  • キスはほっぺやおでこに留めておきましょう。
  • 大人の唾液が赤ちゃんの口に入らないように注意しましょう。

とは言え、大人になって虫歯になったことがない人は少ないですよね。

いずれ幼稚園や小学校に行くようになったら、ママやパパがずっと監視しておくことは難しいです。

感染を恐れるあまり、スキンシップが減ってしまうのも寂しいですよね。

なので、神経質になりすぎない程度に気をつけていけたら良いですね。

-予防, 未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.