未分類

赤ちゃんが風邪のときの症状は?危険な症状と家庭のケアについて

投稿日:

赤ちゃんの身体は、とても繊細です。

朝は元気だったのに、お出かけの後にどうも様子が変

急な体調変化や症状に戸惑うママ

風邪をひいたのかな?と思わせる症状も出始めます。

 

そこで「赤ちゃんが風邪のときの症状は?危険な症状と家庭のケアについて」

こちらをテーマにお話ししたいと思います。

 

風邪か病気かわからない事って多々あります。

見極めるには、医師の判断が必要

病院へ行くまでの間のケアも、一緒に考えてみましょう。

 

風邪の初期症状を知っておこう!

赤ちゃんの風邪の引き始めのサイン、症状はいくつかあります。

せき

風邪の引きはじめには、軽いせきが出ることがあります。

ただ、せきの場合、体の中に入った異物を吐き出す作用でもあります。

ホコリや空気が乾燥している時にも出ることがあります。

風邪と断定するには、せきだけでは早いかも知れませんね。

鼻水

鼻水の量が増えてきたら、風邪だ!と判断するママが多いです。

しかし現代では、花粉症など鼻に関する症状を引き起こす病気はあります。

部屋の中が埃っぽいだけで、鼻水も大量に出ることも…

風邪の症状だと思う前に、空気の入れ替えなどしてあげてください。

もし鼻水がそれでおさまったら、風邪ではありませんね。

発熱

風邪をひき始めると、熱が出ることがあります。

少しずつ熱が上がりだし、気づけば38℃を超えるなど。

ただ、赤ちゃんは温度調節が苦手です。

発熱は、風邪の症状と思われがちです。

ですが、インフルエンザなど他の病気の可能性もありますよ。

食欲不振や下痢

もともと母乳の赤ちゃんですと、下痢や軟便の時もあるでしょう。

ですが、風邪のときは、水っぽい便を何度も繰り返します。

食欲も普段より少ない、ミルクを飲まない、ぐずる場合も風邪の症状に入りますよ。

大人になっても似た症状で、風邪かな?と思うこともあります。

赤ちゃんは喋ることができないので、何かしらのサインを出しています。

上記症状がある場合は、風邪を引いているかも知れません。

心配でしたら、病院へ受診して下さいね。

危険な症状と他の病気

風邪の初期症状だからといって、風邪と断定できないこともあります。

せきの場合

軽いせきでしたら、心配は必要ありません。

「ゴホッゴホッ」と言うせきで、熱があれば危険信号

気管支炎や喘息など他の病気も疑えます。

鼻水を放置すると、中耳炎を併発しやすい。

かなりひどい場合は、耳鼻科へ行き緩和してもらいましょう。

風邪の症状に当てはまるからといって、断定することは危険です。

症状が数日続く、ぐったりして明らかに様子がおかしい。

そんなときは、危険な状態かもしれません。

赤ちゃんを観察して、気になることはメモしておくといいですね。

家庭のケアはどうするの?

空気の入れ替え、部屋の加湿、乾燥を防ぐ。

熱が出れば冷やす、水分補給は忘れない、鼻水は鼻吸い器を使うなど。

風邪気味かも…と感じたら、部屋の環境を整えてあげてください。

病院へ連れていく前、自宅できるケアは沢山ありますよ。

過敏になりすぎるのは、ママにとってもストレスとなります。

ママが赤ちゃんにしてあげれる範囲で、やってあげることです。

パパとママが協力して、出来るケアをしてあげましょう。

まとめ

● 風邪の症状は、幾つかある

● 風邪の症状でも他の病気の可能性もある

● せきや鼻水の症状には注意しよう

● 家庭でも出来るケアを忘れずにすること

風邪の症状は、一般的なものとなります。

大人も似た症状なので、同じ症状が出れば風邪と断定しがちです。

症状によっては、風邪以外の病気もあり危険です。

心配で不安になるほどの場合、早めに受診して赤ちゃんを楽にしてあげましょう。

-未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.