ミルク 病気 胃腸炎

赤ちゃんが胃腸炎のときミルクをあげていい?消化に悪い可能性は?

更新日:

赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまって嘔吐や下痢をしていると心配ですよね。

特に新米ママ酸の場合、どうして良いかわからず慌ててしまうこともあると思います。

「ミルクはあげていい?」「消化に悪い?」非常に気になるところだと思いますので、私の経験をふまえて質問にお答えしていきますね。

嘔吐をしているならミルクは少量ずつ

まず、嘔吐をしているようでしたら、ミルクではなく白湯を少しずつ飲ませてあげるのが良いと思います。

赤ちゃん用のイオン飲料水や経口補水液でも良いと思いますよ。

ご心配している通り、胃腸炎にかかっている時は消化に悪いものはNGです。

もしも離乳食が始まっていたとしたら、一旦ストップしましょう。

ミルクは母乳に比べて消化が悪い

ミルクは母乳に比べると消化が悪いので、嘔吐が収まってから少しずつあげるのが良いと思います。

その際、いつもよりも薄めに作ってあげると良いですね。

脱水症状には気をつけて。

胃腸炎にかかった時、気をつけたいのが脱水症状です。

脱水症状にならないように、こまめに水分をあげるよう心がけてみてください。

飲ませるときは何回かにわけて少しずつ飲ませるのがポイントです。

ミルクは薄めで作ることをオススメしますが、様子を見て元の濃さに戻していくと良いですね。

また、ジュースや清涼飲料水などは止めておきましょう。

(大人の場合、体調を崩すとポカリスエットを飲んだりしますが、赤ちゃんには負担がかかってしまいます。)

まとめ

嘔吐は赤ちゃんもかわいそうですし、ママも大変ですよね。

嘔吐は半日もすれば収まることが多いので、しばらく辛抱して頑張ってください。

衰弱している赤ちゃんが心配でママも休まらないと思いますが、ママも休める時は横になったりして体を休めてくださいね。

-ミルク, 病気, 胃腸炎

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.