お風呂 アレルギー 予防 病気 病院 衛生面

赤ちゃんの湿疹が顔中に。ケアの仕方と気を付けたい事とは。

投稿日:

赤ちゃんの顔に湿疹が出来た!?

早く治してあげたいけれど、ケアの仕方が不安だと言うママもいます。

 

そこで今回は、赤ちゃんの湿疹について。

顔中に出来た湿疹のケアや気を付けておきたいこと。

こちらのお話を進めていきましょう。

 

原因が不明な事が多い、赤ちゃんの湿疹。

早めに対処してあげると良いですよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

 

赤ちゃんの肌荒れ!乳児湿疹について

赤ちゃんのお肌はスベスベなのに、急にでてしまった湿疹。

顔だけではなく、身体に出る湿疹を乳児湿疹といいます。

ブツブツが出来る原因は、乾燥や皮脂の過剰分泌、ホルモン影響など

様々な原因があると言われています。

特に顔に出来る湿疹は、目立つので気にするママも多いようです。

でもしっかりケアしてあげると、自然と治っていくこともあります。

顔の中に出来た湿疹のケアはどうしたら良いの?

赤ちゃんの顔を、清潔にしてあげる、保湿を保ってあげる。

顔だけに限らず、皮膚トラブルは、これが1番大事だと思います。

赤ちゃんは、脂漏性で皮膚が多いので、どうしても湿疹(乳児湿疹)になりがちです。

ただ、原因は様々ありえるので、断定はできません。

ですが、皮脂の分泌が増える赤ちゃんは、毛穴に皮脂が詰まりやすいです。

その為、雑菌が増殖、そして炎症となり湿疹になりやすいです。

なので、ケアとしては清潔+保湿になります。

これは絶対といっても過言ではありませんね。

 

私の娘が初めて湿疹を経験したのは、3か月になる前です。

顔にブツブツが出来て、一部では赤い湿疹、そうでない湿疹でした。

それを見たときは、なんだか可哀想でたまりませんでしたね。

まだ育児になれず、ちゃんと娘の肌をケア出来ていなかったと落ち込みました。

でも何もせず放置は出来ないので、先輩ママに相談。

すると乳児湿疹だから心配はないと教えてもらいました。

自宅でのケアを教えてもらい、すぐに実践したのを覚えています。

特に病院へ行かなくても、自然に治まったので一安心でした。

ケアをする上で気を付けたいこととは?

赤ちゃんの肌、表面に雑菌がついていると思います。

汗をかいていたら必ずガーゼなど、小まめにふいてあげることで清潔を保てます。

ケアをしているから汗をかいていても大丈夫では、ありませんよ。

汗を放置してしまうと、また湿疹が増えて悪化してしまいますからね。

顔を洗う時は、石鹸をしっかり泡立て洗ってあげます。

強くこすらないで、優しくあらってあげて下さい。

肌の乾燥時には、ベビー用のローションや保湿クリームを活用して下さい。

特にお風呂上りは、しっかりケアしてあげます。

またケアの一環として、加湿器など利用して部屋の湿度の調整もわすれないで下さい。

お風呂上りには、必ず保湿クリームをわすれず娘に塗っていました。

 

娘の湿疹ばかり気にしていて、部屋の湿度を考えていませんでした。

なので、顔のケア以外に加湿器を購入して、温度や湿度調整。

出来るだけの事をして、早く顔のブツブツがなくなって欲しいと思っていました。

ケアを初めてすぐにはおさまりませんでしたが、続けていくとマシになってきますよ。

いつも雑にしているわけではありませんが、湿疹のときはいつも以上に慎重に…

丁寧に洗って清潔+保湿を保つように心がけていましたよ。

まとめ

● 赤ちゃんの清潔+保湿をわすれないようにする

● 汗をかいたら小まめに拭いてあげること

● 石鹸を泡立ててしっかり顔を洗ってあげる

● お風呂上りの保湿ケアをわすれないこと

● 部屋の加湿も気にして調整してあげる

赤ちゃんの湿疹(乳児湿疹)は、きちんとケアしてあげると悪化を防げます。

ケアを難しく感じるママもいます。

ですが、基本はお知らせしたように清潔+保湿です。

考え過ぎず、自宅で出来ることをママがしっかりやってあげましょう。

しっかりケアをしても良くならなかったり、悪化してきた場合

ママの判断で病院へ連れていき、医師の判断をうけましょう。

-お風呂, アレルギー, 予防, 病気, 病院, 衛生面

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.