1歳 6ヶ月

赤ちゃんの散髪ははさみでやる?スムーズに行く散髪方法◯つ!

投稿日:

1歳を過ぎてくると、そろそろ髪を整えてあげたいと思うお母さんも多いのではないでしょうか。

女の子と男の子によっても、髪の切り方や短さが違うということもありますが、

子供はなかなかじっと座っておくことができずに、髪を切る時間でさえ苦労しますよね。

今回は、

『赤ちゃん用の石鹸のおすすめ!固形石鹸は肌荒れが良くなるの?』

という疑問に少しでもあ役に立てるよう、お答えします。

私は男の子の髪を切った経験しかありませんが、

じっと座ってくれる方法や、裏技をご紹介したいと思います。

夏場は特に髪が長いことによってあせもができてしまうこともあるので、

少しでも早く痒みから解き放してあげましょう。

 

ゴミ袋と新聞紙が大活躍

お母さんは髪を切るときに散らばってしまう髪のことを考えると、

お風呂場で切ってあげたいと思うかと思いますが、子供は構えると嫌がって切らせてくれません。

私も何度かお風呂場に行くように言いましたが、とても嫌がってきてくれません。

思い切って部屋出来るようにしましたが、髪が散らばってしまわないように2重に対策しました。

床には新聞紙を広めに敷き、体にはゴミ袋を巻いて毛が付いてしまわないようにしました。

皆さん実践していることもあるかと思いますが、ここは後のことを考えてしっかり対策をすることをおすすめします。

すきばさみよりハサミで

すきばさみは多くの髪を頭に残してしまうことがあります。

髪を切った後にあ風呂に入ることを嫌がる息子のために、

すきばさみは使わずに普通のはさみを使用しました。

少しずつ切りすすめることで、髪をたくさん飛ばすことなく処理できます。

男の子ということもあったからか、切る量は少なく済みました。

頻繁に整えることで、一度に処理する量が多くなることが避けられます。

棒つき飴がおすすめ

少しお行儀が悪いと感じられるかもしれませんが、子供の髪を切るときは棒付きの飴がおすすめです。

そして、飴を食べ終わるまでにカットすることが大切です。

飴は、スナック菓子のように下に落ちませんし、

袋からお菓子を取ったりはしないので、髪がお菓子につくこともありません。

髪を切るときは、好きな味の飴を選ばせてあげて、

できる限り楽しい気持ちで髪を切るようにしましょう。

 

まとめ

  • 髪を切る場所を万全に対策する
  • すきばさみより普通のハサミで
  • 棒付きの飴で集中してもらう

髪を切るのは準備が必要です。

部に切った紙が散らばってしまうと、とてもテンションが下がりますよね。

でも、赤ちゃんはお風呂場ではなかなか切らせてくれないことが多いです。

お子さんに合わせて、楽しいカットの時間になると、

髪を切ることが好きなことの一つになるかもしれませんよ。

-1歳, 6ヶ月

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.