衛生面

赤ちゃんの首が赤い。臭い放っている。どう対処したらいい?

更新日:

まだねんねの時期の赤ちゃんに良く起こりやすい症状に、首がただれて赤くなってしまうということがあります。

アトピーの症状なのか、あせもの症状なのか、お母さんでは判断が付かないこともありますよね。

特に、かゆみや痛みを話すことができない赤ちゃんを見ていると、心配でなりませんよね。

私の上の息子は赤ちゃんの頃からアトピー体質でしょうと診断を受けており、

首が赤くてジュクジュクしてしまうような症状が良くありました。

 

今回は、

『赤ちゃんの首が赤い。臭い放っている。どう対処したらいい?』

という疑問にお答えします。

 

赤ちゃんの首が赤い時はかゆいのでしょうか、痛いのでしょうか。何とも言えない不快な臭いがあることもありますよね。

あせもやアトピーに対処していく方法を、体験談をもとに対処法をお伝えしようと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんの首が赤くて心配

赤ちゃんの首が赤い時、ジュクジュクしていない限りは、かゆみや痛みなどがまだ無いようです。

息子は生まれて4ヶ月くらいまでの間、首が赤くてこの時点でアトピーを疑ったこともあります。

 

特に原因となるのは、よだれやミルクの吐き戻したものが首に着くことです。

ミルクが付着して時間がたった時には特に臭いがきつく、対処法に困りました。

 

 

毎朝、食後にふき取りが肝心

毎朝、起きてからまずは濡らしたガーゼで首を拭いてあげ、ミルクを飲むたびに濡らしたガーゼで首を拭いていると、自然と臭いはなくなりました。

 

ガーゼで拭きとった後は、必ず保湿をしてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、すぐにかぶれを起こしてしまいますよ。

 

赤ちゃんは症状を言葉に表すことができないことから、毎日変わりがないかを確認してあげる必要があります。

ある日突然起こる首の赤身は、早めに対処をすることでジュクジュクすることを防ぐこともできます。

赤みが顔や上半身まで広がってきてしまった場合には、皮膚科に一度受診をするように心がけてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか。

赤ちゃんの肌は大人が思っているよりもとても敏感で、よだれやミルクでさえかぶれを起こしてしまうということを覚えておいてください。

 

・何かが付着した場合には、すぐにふき取る。

・ふき取った後は必ず保湿を。

・毎日の様子を確認し、ひどくなるようなら皮膚科に受診。

 

このことを覚えておいてくださいね。

臭いは頻繁に行うケアでとても軽くなります。

不快な思いをする前に、ケアをして清潔にしてあげることをオススメします。

-衛生面

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.