アレルギー 病気 病院

赤ちゃんが花粉症かも?目の症状とおうちでできるケアとは?

更新日:

花粉症と言えば鼻の症状ですが、目の症状も非常につらいものです。

大人でも我慢できないかゆみなのに、赤ちゃんがなってしまったら本当に可哀想ですね。

デリケートな部分だけに、ケアの仕方にも注意したいところです。

今回のテーマは「赤ちゃんが花粉症かも?目の症状とおうちでできるケアとは?」です。

赤ちゃんの花粉症で出る目の症状とは?

自宅ではどんな目のケアができるのか?

以上についてまとめていきます。

赤ちゃんの花粉症で現われる目の症状は?

大人と同じようにかゆみや赤みが出る

赤ちゃんであっても、基本的には大人と同じ症状が出ると考えて下さい。

鼻水やくしゃみだけでは風邪と見分けがつきませんが、目の症状が出る場合は花粉症を疑ってもいいでしょう。

ただ、赤ちゃんは症状を言葉で伝えることができません。

仕草や外見の変化から、ママや周りの大人たちが気づいてあげる必要があります。

赤ちゃんに現われる花粉症の代表的な目の症状

  • 目をかゆがってこする
  • 目が充血する
  • 目が腫れる
  • 目やにが出る

自宅でできる目のケアは?

アレルギー用の目薬をさす

目の症状がひどい場合には、病院で抗アレルギー薬入りの目薬を処方してもらうことができます。

目をこすってはいけないと言っても、赤ちゃんには我慢できませんよね。

こすって傷めてしまう前に目薬を正しく使ってかゆみをとってあげましょう。

ここで注意してほしいのは、病院で処方される目薬は赤ちゃん用に安全な濃度まで薄めたものだということです。

市販薬は赤ちゃんには強すぎるので、絶対に使わないで下さい

目薬を嫌がる場合は

赤ちゃんに目薬をさすのはなかなか大仕事だったりします。

目を無理やり開かせたり、体を押さえつけると嫌がって暴れたりもしますからね。

花粉症ではないのですが、以前息子がアロマオイルをいたずらして目に入ってしまい、眼科に連れて行ったことがあります。

幸いなことに特に異常はなく、念のためにと抗菌目薬を処方されました。

その時にお医者さんに『もし目薬が難しければ寝ているときでも大丈夫です』とアドバイスされました。

寝ている隙に「あっかんべえ」させるように下まぶたを開かせて垂らせばいいそうです。

実際、うちの息子はあお向けにされるのが大嫌いで、とても目薬どころではありませんでした。

なので、この技には非常にお世話になりました。

もし赤ちゃんの目薬で苦戦したときはぜひ試してみて下さいね。

目の周りを清潔に保つ

目の周りは皮膚が薄くとてもデリケートです。

涙や目やにをそのままにしておくと、目の周りが荒れてしまいます。

濡らしたティッシュやガーゼなどで、目の汚れをこまめにふき取ってあげましょう。

一度使ったティッシュやガーゼはすぐに捨てるか交換し、常に新しい清潔なものを使用して下さい

お風呂で洗うときは石鹸は使わず、ガーゼで優しく拭くだけにしてあげましょう

目の周りを保湿する

こすったりすると目の周りが乾燥してかさつき、肌が傷みやすくなります。

赤ちゃんの目の周りをこまめに保湿してあげましょう。

手でこすった拍子に目に入ってしまうかもしれないので、保湿剤は目に入っても安全なものを選んで下さい

目の周りの保湿には白ワセリンプロペトが適しています。

洗った清潔な手で、優しく薄く伸ばして塗ってあげて下さいね。

まとめ

  • 赤ちゃんも花粉症の目の症状は大人と同じ
  • 目の症状がひどいときはアレルギー用の目薬を処方してもらう
  • 涙や目やにはこまめに拭き取る
  • 目の周りは荒れやすいのでこまめに保湿する

赤ちゃんもやはり花粉症になると目のかゆみや充血、腫れなどの症状が出てきます。

目の症状には専用の目薬を処方してもらいましょう。

目の周りはこまめに拭いて清潔に保ち、乾燥しないよう保湿してあげて下さい。

-アレルギー, 病気, 病院

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.