アレルギー 病気

赤ちゃんの花粉症は遺伝が原因?親の花粉症は必ず遺伝する?

更新日:

あなたは花粉症もちですか?

花粉症って本当につらいですよね。

最近では小さな子どもでも花粉症に悩まされるケースが増えているといいます。

こんなつらい病気が我が子に遺伝したらと思うと心配になりますね。

今回のテーマは「赤ちゃんの花粉症は遺伝が原因?親の花粉症は必ず遺伝する?」です。

花粉症の親を持つ赤ちゃんが花粉症になるリスクとは?

花粉症は絶対に遺伝してしまうものなのか?

参考にしていただけると幸いです。

赤ちゃんの花粉症の原因は遺伝なの?

花粉症は遺伝性のアレルギー疾患

花粉症も含め、アレルギーの最大の原因は遺伝です

アレルギーの因子を親から引き継いでいる子はいずれ発症する可能性があります。

逆に、因子を引き継がなかった子は発症することがありません。

両親とも花粉症ではない子に比べると、花粉症の発症リスクは両親のどちらかが花粉症の子は2倍両親とも花粉症の子では3倍にもなるといわれています。

遺伝したとしても発症するとは限らない

花粉症は残念ながら遺伝する可能性がある病気です。

しかし、もし花粉症のアレルギー因子が遺伝してしまったとしても、その子が100%発症するとは限りません

アレルギーの発症には遺伝のほかにもさまざまな要因が関わっています。

生まれ育った環境食生活や睡眠などの生活習慣も花粉症の発症に影響すると考えられています。

また、花粉症は一定量以上のアレルゲンが体内に蓄積することで発症します。

子どもの頃からたくさん花粉を吸っている子は、やはり花粉症になりやすいといえるでしょう。

花粉症は遺伝するの?

花粉症は必ず遺伝するわけではない

現在のところ、花粉症になる遺伝子は劣性遺伝、花粉症にならない遺伝子は優性遺伝です。

優性遺伝子は劣性遺伝子よりも強く働きます。

子どもは両親からひとつずつ花粉症に関わる遺伝子をもらって生まれてきます。

この遺伝子の組み合わせによって花粉症になるかどうかが決まります。

花粉症になる遺伝子を●、ならない遺伝子を○とすると…

  1. ○+○…花粉症になることはありません。
  2. ●+●…発症する可能性があります。
  3. ○+●…花粉症にならない遺伝子の方が勝つので、発症はしません。

両親のどちらかが花粉症にならない遺伝子をもっていれば、子どもは花粉症になりにくいということになります。

花粉症になるかどうかは運次第

私の夫の両親は花粉症ではなく、夫も花粉症ではありません。

うちの場合は母だけ花粉症で、私も20歳を過ぎたころから花粉症です。

でも私の妹は20代半ばを過ぎた今でも、花粉症にはなっていません。

同じ環境で生まれ育ったはずなのに、羨ましい限りです。

花粉症には遺伝も大きく関わっていることは確かでしょうが、正直もう運次第なのかなと思います

同じ両親から生まれた私たち姉妹でも差が出ていますからね。

うちの息子も今のところは花粉症ではありませんが、成長してからどうなるかはわかりません。

検査してみればわかるかもしれませんが、受けるにしてももう少し大きくなってからでしょう。

できれば夫の方の遺伝子を強く受け継いでいるといいなと思っています。

まとめ

  • 花粉症は遺伝することがある
  • 遺伝しても発症するとは限らない
  • 花粉症の発症リスクは両親のもつ遺伝子に大きく左右される

両親のどちらかでも花粉症をもっていた場合、赤ちゃんにも遺伝する可能性はゼロではありません。

しかし、花粉症の遺伝子をもっていることと発症することとは別問題です。

いつか発症するかもしれないし、逆に一生発症しないかもしれません。

親族に花粉症が多い人は因子を引き継いでいる可能性も高いので、より注意が必要かもしれません。

-アレルギー, 病気

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.