水分補給 病気 病院 風邪

赤ちゃんの体温が37.6度の場合、病院へ行く?様子を見る?

投稿日:

赤ちゃんの発熱

高熱じゃなくてもやっぱり心配なママ

38度や40度じゃないけれど、大丈夫かな?

このまま病院に連れていかず、様子みてようかな?

どうしたら良いのか分からないママ

 

そこで赤ちゃんの発熱時、37度台の場合はどんな対応が出来るのか。

病院へ連れていった方がいいのかなど、お知らせしますね。

 

初めて赤ちゃんが熱を出したら、ママはアタフタ

新米ママの為、何をしたらよいのか分かりません。

今回のお話がママ達の役に立つと思いますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

こんな時はどうしたら良いの?37.6度の熱!

赤ちゃんを観察しよう!平熱は37度前後

赤ちゃんの平熱は、36.5度~37.5度になります。

37.6度だから熱がある!と思われがちです。

ですが、必ずしもそうではありません。

温度調節が上手にできない赤ちゃんは、熱を出しやすい。

室内の温度に影響され、熱を出す赤ちゃんもいます。

先ずは、赤ちゃんをよく観察してあげて下さい。

また室温や環境はどうなのか、調整等を行ってみると良いですよ。

病院へ行くべき!?その判断の方法とは?

赤ちゃんが元気であれば、連れて行かなくてもOK

でも元気がない、ぐったりしている、嘔吐、下痢など。

明らかに普段とは違う場合は、早めの受診をしてあげましょう。

基本、赤ちゃんが発熱したら、観察をして下さい。

普段の赤ちゃんを知っているのは、ママです。

母乳やミルクをしっかり変わらず飲んでいる、元気はある。

この状態は、心配はありませんよ。

ただ37.6度でも、水分をしっかり与えてあげて下さい。

例え元気であっても、水分補給を忘れると脱水症状を引き起こしますよ。

出来るだけ小まめに、飲ませてあげると良いですよ。

また、元気だからと言って、外出は控えましょう。

自宅でゆっくり、赤ちゃんの様子を見守ってあげて下さいね。

 

初めて発熱した時は、正直すぐに病院へ連れていった私です。

その時医師から、新生児の発熱について詳しく教えて頂きました。

お陰で心配していた不安は、スーっとなくなりましたよ。

病院へ連れていくことで、不安は解消されます。

でも連れていかず、自宅で様子をみる判断がママには出来ます。

私と同じように、すぐ病院へ連れていく形だけではありません。

赤ちゃんの様子を見て判断できること、沢山ありますからね。

赤ちゃんの平熱を知っておくと便利!

普段の平熱を知っておくと、急に熱が出ても対処できます。

平熱には、個人差があります。

なので、日々赤ちゃんの熱を測ってママは把握しておきましょう。

・平熱の測り方

1日4回程度、同じ時間に測定をします。

ノートに書き溜めていくと、日々の温度を把握できます。

熱の上り、下がりで、赤ちゃんの状態を日々把握することが可能

急な発熱にも冷静に適切な対応が出来ると思いますよ。

まだ平熱を知らないママは、一度試してみてくださいね。

きっと役に立ちますよ。

 

医師からのススメで、娘の平熱を測った経験があります。

そのお陰で、いざ37.8度になっても、アタフタせず対処できました。

見守るしかできませんが、それって凄く大事なことですよ。

心配はありますが、ママが見守っているので大丈夫

安心して、様子をみてあげて下さいね。

まとめ

● 赤ちゃんの平熱は36.5度~37.5度

● 37.6度が発熱とは限らない

● 元気であれば病院へ行かなくても良い

● 水分補給をしっかり飲ませてあげる

赤ちゃんは大人とは違います。

体温調節が出来るまで、何度も気になる熱を出します。

その度、ママが心配していると精神面がもちませんよ。

基本元気なら大丈夫!

でも少しでも異変を感じれば、病院へ行って下さいね。

不安はあると思いますが、ママだからこそ出来る判断がありますよ。

熱に過敏にならないで、様子をみてあげて下さい。

-水分補給, , 病気, 病院, 風邪

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.