水分補給 胃腸炎

赤ちゃんが胃腸炎のとき水分補給はどうする?おっぱいをあげていい?

更新日:


赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまった!

このとき一番気をつけなければいけないのは水分補給です。

いつも通り母乳やミルクをあげてもいいの?

母乳やミルクは消化が悪いから良くないの?

疑問はたくさんありますよね。

今回は「赤ちゃんが胃腸炎のとき水分補給はどうする?おっぱいをあげていい?」という質問にお答えします。
胃腸炎のときの水分補給に向いている飲み物の種類と、飲ませ方について解説します。

参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの水分補給に適している飲み物

胃腸炎にかかった赤ちゃんの水分補給に適しているのは、

  • 白湯
  • 母乳またはミルク
  • イオン飲料(スポーツドリンクなど)
  • 経口補水液 です。

母乳やミルクでも薄める必要はありません。

そのまま与えて大丈夫です。

注意しなければいけないのは、水分は少量ずつ回数を分けて与えるということです。

胃腸炎のときは胃腸の働きが弱っているので、一度に大量の水分をとるとかえって吐いてしまいます。

吐くことは体の負担にもなるので、赤ちゃんが吐いたからといって慌てて水分補給をさせないようにして下さい。

特に母乳はそのまま飲ませると好きなだけ飲んでしまうので、搾乳して量を調節しながらあげることが望ましいです。

嘔吐がひどく水分が満足にとれないときは、小児科を受診して点滴をしてもらいましょう。

脱水症状に注意

胃腸炎にかかると嘔吐と下痢で水分とミネラルが失われ、脱水症状に陥る危険性があります。

感染性胃腸炎による死亡例の多くは脱水症状によるものです。

赤ちゃんの場合は症状を自分で伝えることもできないので、ママが注意深く観察してこまめに水分補給させてあげましょう。

胃腸炎のときの腸は炎症を起こして弱っています。

弱った腸を早く回復させるためにも適度な栄養をとることは有効といわれています。また、腸は適度にミネラルを含んだ水分の方が吸収しやすいという性質があります。

母乳やイオン飲料の方が白湯よりも水分補給には良いと考えられます。飲み物を薄める必要がないのもこのためです。

まとめ

胃腸炎にかかった赤ちゃんは下痢はするし吐くしで、ママは焦ってしまいますよね。

脱水症状にならないようにたくさん水分をとらせなきゃ!という気持ちになってしまうかもしれません。

でも、それは間違った対処の仕方だということを覚えておいて下さい。

胃腸炎にかかった胃腸は弱っていますし、特に赤ちゃんの消化器官は小さく未熟です。

水分補給をするときは、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ、時間をあけてあげるように注意して下さい。

慣れない子育てでただでさえ大変なときに赤ちゃんが突然の病気・・・不安になるのも仕方がないと思います。

胃腸炎の症状は本当につらいものですが、正しく対処できればあまり心配はいらない病気でもあります。

症状が出始めたらまずは小児科を受診し、いつからどのような状態なのかを伝えて自宅でどう看病するか指示をもらいましょう。

赤ちゃんがぐったりしていて様子が変だったり、症状があまりにも長引くときにはすぐに再度小児科を受診して下さい。

重症化している可能性があります。

医師や看護師はわからないことや不安なことにもきちんと答えてくれますから、一人で悩まず相談してみて下さいね。

-水分補給, 胃腸炎

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.