ミルク 母乳 病気 胃腸炎

赤ちゃんが胃腸炎のとき母乳は飲ませてもいい?量はどのくらい?

更新日:

赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまって嘔吐や下痢をすると心配ですよね。

特に新米ママ酸の場合、どうして良いかわからず慌ててしまうこともあると思います。

「母乳は飲ませていい?」「量はどのくらい?」非常に気になるところだと思いますので、私の経験をふまえて質問にお答えしていきますね。

嘔吐がなければ母乳は乗せてもOK。

嘔吐していなければ母乳を飲ませても大丈夫です。

嘔吐があった場合は母乳を少なめ(3~5分程度)にした方が良いです。

もしも母乳を飲ませた後すぐに母乳を吐いてしまうようでしたら、いったん母乳は止めた方が良いです。

その代わり、ぬるま湯をちょっとずつ飲ませてあげてください。

吐き気が落ち着いてきたら、様子をみながら母乳を飲ませてあげると良いと思いますよ。

胃腸炎の時は消化器に負担をかけないように

胃腸炎の時は消化器に負担をかけてはいけません。

母乳はミルクと違って消化しやすいのですが、長く飲ませているとコッテリとしてきます。

初めの方に出る母乳はサラサラとしているので、3~5分程度と短めにあげるのが良いですよ。

ただ、母乳を欲しがってあまりにも泣くようだと、赤ちゃんの体力が消耗してしまうので、臨機応変に対応してみてください。

胃腸炎時に気をつけたいこと

赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまった場合、1番気をつけたいのが脱水です。

脱水症状にならないように、こまめに(でも少しずつ)水分をあげてくださいね。

赤ちゃん用のイオン水などをあげても良いと思います。

薬局や赤ちゃん用品店で売られていますので、普段から買い置きしておくと良いですね。

また、ママやパパが感染して赤ちゃんへとうつしてしまうこともあるので、日ごろから手洗い・うがいをしっかりして、調理器具の熱湯消毒も徹底していきたいですね。

赤ちゃんが赤ちゃんでいる時間はとても短いです。

大変なこともたくさんあると思いますが、育児を楽しんで赤ちゃんとの時間を大切にしてください。

まとめ

小さい赤ちゃんが嘔吐や下痢をすると心配ですよね。

なかなか泣きやまず、かわいそうで代わってあげたくなってしまうのがママの気持ちですよね。

私も同じような経験があるので良くわかります。

初めてのことで慌てふためくこともたくさんあると思いますが、病気をしながら赤ちゃんは強くなると思って頑張ってくださいね。

-ミルク, 母乳, 病気, 胃腸炎

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.