下痢 胃腸炎

赤ちゃんが胃腸炎のときの下痢の特徴は?普通のうんちと何が違う?

更新日:


赤ちゃんのうんちがなんだかいつもと違う。

赤ちゃんのお腹はデリケートなので、ちょっとしたことで下痢をすることもあります。

でも、症状によってはこれってもしかして胃腸炎では?と心配にもなりますよね。

ただの下痢と胃腸炎のときの下痢とは、一体何が違うのでしょうか。

今回は「赤ちゃんが胃腸炎のときの下痢の特徴は?普通のうんちと何が違う?」という質問にお答えします。

胃腸炎のときの症状を、赤ちゃんのうんちの様子を中心にみていきましょう。

必要なときは早めに病院にかかるためにも、判断のひとつの目安にしてもらえると幸いです。

胃腸炎には種類があります。

赤ちゃんが胃腸炎にかかると、うんちがいつもよりも酸っぱいにおいになります。

色はいつもより薄くなり、黄色から白っぽい水っぽいうんちになります。

症状が重いときは米のとぎ汁のように白く濁った液状になることもあります。

胃腸炎にかかると、下痢以外にも発熱や嘔吐が一緒に起こるのが一般的です。

下痢より先に突然の嘔吐から始まることも多いようです。

嘔吐と下痢の症状が両方あるなら胃腸炎の可能性が高いでしょう。

胃腸炎にはウイルス性のものと細菌性のものがあります。

赤ちゃんがかかりやすいのは、冬に流行るロタウイルスとノロウイルスです。

ロタウイルスは特に症状が強く、下痢も白っぽくなりやすいといわれています。

胃腸炎はお腹の中にウイルスや細菌が侵入することで起こります。

特に腸に炎症が起こると腸内の分泌液の量が増え、うんちの水分量が増えるために下痢をしてしまいます。

胃腸炎の一番の回復方法は、体内のウイルスや細菌をすべて出しきってしまうことです。

そのため病院で診察を受けても下痢止めは出されませんが、嘔吐と下痢による脱水症状には注意する必要があります。

水分補給に適している飲み物は、白湯、母乳またはミルク、ポカリスエットのような経口補水液などです。

できれば経口補水液は赤ちゃん用のものが良いでしょう。ドラッグストアなどで買うことができます。

症状が出たらまずは早めに一度小児科で診察を受けておきましょう。

吐き気止めを処方してもらえる場合もあります。

もし何を飲ませても吐いてしまって水分をとれないときは、脱水症状を防ぐため小児科で点滴を打ってもらいましょう。

対処は冷静に!メモを取ろう。

赤ちゃんの突然の体調不良、本当に心配ですよね。

我が子が病気で苦しそうにしている姿を見るのはとてもつらいものです。

でも大切な赤ちゃんを守ってあげるために、まずは冷静になりましょう。

下痢はどんな状態なのか、吐いているのか、熱はあるのか、全身の症状を確認してみて下さい。

赤ちゃんは自分で話せませんから、ママがお医者さんにできるだけ正確に症状を伝える必要があります。

いつからどんな症状が出ているのか、メモしておくといいでしょう。

下痢をしているだけでは素人が胃腸炎かどうか判断するのは難しいかもしれません。

赤ちゃんは急変することがあるので、少しでも様子がおかしいなと感じたらすぐに小児科にかかっておくのが安心です。

まとめ

残念ながら、胃腸炎の特効薬はありません。

赤ちゃん自身の治癒力で自然に治るのを待って、水分補給に注意してあげるくらいしかできることはありません。

少し時間はかかるかもしれませんが、水分と栄養さえとれていれば症状は良くなっていくはずです。

胃腸炎で一番怖いのは脱水症状なので、そこに正しく対処していればほとんど心配はありません。

ただ、胃腸炎は赤ちゃんからママにうつってしまう可能性があるので、吐いたものやうんちの処理には十分注意しましょう。

赤ちゃんがまた元気いっぱい遊べるように、優しくゆっくり看病してあげて下さいね。

-下痢, 胃腸炎

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.