睡眠

赤ちゃんの咳が夜に酷くなる。どうしたら楽になる?方法は?

投稿日:

赤ちゃんは気温差や環境の変化にとても敏感で、鼻水や咳が出やすいと思います。

風邪を引いてしまったことをきっかけに、咳の症状が長く続いてしまうということもあります。

特に、赤ちゃんの咳の症状は夜に出やすくて眠りが浅くなり困りますよね。

今回は、

『赤ちゃんの咳が夜に酷くなる。どうしたら楽になる?方法は?』

という疑問についてお答えします。

 

赤ちゃんが眠りやすい環境づくりと、寝る前におすすめの行動についてを中心に、

経験踏まえながらお話していこうと思います。

なぜ赤ちゃんは夜に咳がひどくなる?

赤ちゃんが咳をする原因の一つに、鼻水が喉のほうに落ちてくることがあります。

夜は動くことが少なくなり、鼻水が喉のところにとどまりやすいことから

痰が絡んだような苦しい咳が出てしまうことが考えられます。

もう一つは、鼻が詰まっていることから口呼吸になってしまい、

喉が乾燥して咳を誘発してしまっていることが考えられます。

寝るときの環境が赤ちゃんの咳の酷さに繋がることもあるので注意が必要です。

赤ちゃんの咳が楽になる環境

まず、赤ちゃんの咳の音を良く聞くようにしましょう。

痰が絡んだ咳なのか、乾いた咳なのかによって対策が異なってきます。

痰が絡んでいる場合には、頭の高さを高くしてあげ、横向きに寝かしてあげると少し呼吸がしやすくなることがあります。

次に、乾いた咳の場合には、部屋の湿度を少し高めに設定しましょう。

マスクをして眠ることができない赤ちゃんは、喉が乾燥しやすいと言えます。

部屋の環境に気を付けて、早く治るように対策をしてあげましょう。

 

気管を広げるテープや塗り薬に助けてもらう

小児科で処方してもらった気管を広げるテープが役立ちました。

夜にひどくなってしまう咳には、眠る前にテープを貼ってあげることがおすすめです。

ぜんそくなどの時にも使用されるようですが、炎症が起きて腫れてしまっている喉を

広げてくれることで呼吸がしやすくなります。

これと同じ効き目がある塗り薬もあります。

また、メンタームを胸のあたりに塗って寝かしたこともあります。

メンソールの香りで鼻が通り、少し楽になったかのように眠ってくれたこともありますよ。

 

まとめ

  • 赤ちゃんの喉に最適な環境を
  • 赤ちゃんの咳の種類に合わせて対策を
  • 気管支を広げるテープや塗り薬に助けてもらう

お母さんは赤ちゃんが咳をしていることで心配になり、

眠ることさえ不安になることもあるかと思います。

赤ちゃんの咳の症状が1日でも早く治るように、まずは生活環境から整えてあげることが大切です。

-, 睡眠,

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.