アレルギー 未分類 衛生面

赤ちゃんの洗剤はさらさが良い?さらさの良いところと悪いところ

投稿日:

妊娠、出産と経て育児と家事に追われる日々。

その中で、赤ちゃんの洗濯について悩んだ経験はありませんか?

現在、出産準備中のママの為にも、今後に役立つ情報をお知らせします。

 

今回は、赤ちゃんの衣類を洗濯する際の洗剤について。

洗剤のさらさは良いのかどうか。

またさらさの悪いとことはあるのかどうか。

お話を進めていきましょう。

 

赤ちゃんの洗濯洗剤〝さらさ″について

皆はどう?さらさを選んだ方が良いのかな?

さらさは、蛍光剤、漂白剤、着色料が無添加の洗剤になります。

なので、しっかりと汚れを落としてくれる。

洗濯に使うお水も、少量にサッと溶け泡立ちも少ない。

また、赤ちゃんの衣類をやさしく洗いあげてくれるイメージです。

赤ちゃんの肌に優しく、皮膚科医の監修のもと、肌への影響はテスト済の洗剤。

なので、赤ちゃんのいるお家では、さらさを使っている事が多いようです。

 

沢山ある洗剤の中から、これ!という物を選ぶのって難しいですよね。

ただ赤ちゃんにはそれぞれ個性があります。

それは、肌が弱い、強い、アレルギー体質など。

全ての赤ちゃんに、さらさが良いと言うことは断言できないのが現実だと思います。

知っておこう!さらさの良いところ、悪いところ!

・良いとこと

着色料が無添加であり、着色料をはじめ漂白剤、蛍光剤も無添加の洗剤です。

高活性オーガニック酵素の働きがあるので、 真っ白に洗い上げてくれます。

自然由来の洗浄成分、ベストミックスによりやわらかに仕上がるため

赤ちゃんにとって優しい肌触りになります。

また、匂いも香りが優しいので、しつこくありません。

何も考えなければ、さらさは良いことがたくさんある洗剤です。

 

・悪いこと

無添加の洗剤が必ずしも、赤ちゃんの肌に良いとは限りません。

さらさには、界面活性剤が入っている洗剤でもあります。

肌の弱い赤ちゃんにとっては、無添加でも合成洗剤のさらさです。

アトピーや肌の弱い赤ちゃんの肌には、必ずしも良いとは言えない…

皮膚科の監修のもとだとはいえ、肌に合わない可能性も否定できません。

 

全ての赤ちゃんの皮膚に良いわけでもないのです。

無添加だから良い」「みんなが使っているから良い」

それだけで選ぶのは、少し危険だと思いますよ。

 

良いところ、悪いところをみると、どの洗剤が良いのかどうか。

本当に疑問を持ってしまうと思います。

ただ、赤ちゃんって本当に個人差がありますよね。

ママ友が使っているから、良いと聞いたから。

それだけで選んでも、我が子に合うかどうかは不明です。

でも試してみる価値はあります。

アトピーや明らかに肌トラブルがある場合は、しっかり選んであげる。

悩んでも解決しないときは、医師に相談してアドバイスを受けるのも方法です。

数多くある中から、赤ちゃんの洗剤を選ぶって難しいことだと思いますよ。

なので、あまり過敏にならず、色んな物を試してみるのも良いのでは?

子育てをおえ、今になって考えてみるとそう思いますよ。

まとめ

● 蛍光剤、漂白剤、着色料が無添加

● 界面活性剤は入っている洗剤でもある

● 皮膚科の先生の監修のもと肌テスト済

● 全ての赤ちゃんに良いとは限らない

● 赤ちゃんの肌でさらさが合うのか検討してみる

さらさが絶対良くて、絶対ダメということではありません。

赤ちゃんの肌に適している、いないがあるという事を覚えておいてください。

1度購入してみて、使ってから考えるのが良いと思いますよ。

もし赤ちゃんの肌にあわなければ、購入しなおそう!

そのくらいの気持ちで、赤ちゃんの洗剤を選んであげて下さい。

さらさは、ネットでも評価が高いので使ってみる価値はあると思いますよ。

-アレルギー, 未分類, 衛生面

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.