アレルギー 未分類 病院

赤ちゃんの塗り薬にステロイドが入っているものは使っても大丈夫?

投稿日:

生まれた時は湿疹がな行けれども、脂質が鼻や頬に溜まって白くぷつぷつ見える赤ちゃんがいます。

これは、薬を使って直すものではなく、成長と共に自然に消失していくものです。

ミルクや母乳をたくさん飲むようになり、そのミルクや母乳の成分で赤ちゃんの肌がかぶれてしまうようになることがあります。

容赦なく痒い所を掻いてしまう赤ちゃんは、かぶれをどんどん悪化させてしまうことにも繋がります。

そこで今回は、

『赤ちゃんの塗り薬にステロイドが入っているものは使っても大丈夫?』

赤ちゃんがかぶれて痒そうなところをいていると、お母さんはとても辛く感じるでしょう。

でも、まだ小さいのに、強い薬を塗って本当に大丈夫なのかと感じるお母さんもいるかと思います。

息子のアトピー性皮膚炎に対する治療法や、私が経験した湿疹を少なくしていく対策についてお伝えします。

 

ステロイドは怖い薬ではない

ステロイドを赤ちゃんに使用するときに、お母さんはその塗り薬が強いものであればあるほど

本当に使用していいものかと不安になってしまうかと思います。

息子もアトピー性皮膚炎を持っていたので、様々な薬を処方され使いました。

飲み薬や塗り薬など様々です。色んな皮膚科に掛かりましたが、お医者さんが口をそろえて言うのが、

まずはステロイドの薬で一気に肌を良い状態に持っていき、そこから保湿や炎症止めのみでその状態を

維持できるようにしていきましょう。ということです。

そのステロイドが入った薬であっても、弱い(ステロイド含有量が少ない)物から、強い(ステロイド含有量が多い)物まで種類が様々あります。

弱いものから使いたいと伝えたこともありますが、それで治るのかというと満足に治らないもので、

強いもので一気に治すということが一般的な湿疹の治療法でありますと言われました。

ステロイドというとリバウンドがあって怖いというイメージがあるかと思いますが、

ステロイドを使う期間が重要で、処方通りに短期間で強いものをという使い方であれば、

体からリバウンドの反応が出ることは少ないとのことでした。

処方された薬を怖がってしまって塗らずに治るのを遅めてしまうのではなく、

適切に使用し、早く赤ちゃんを湿疹から解放してあげるように前向きに使用してください。

保湿の前に、清潔にすること

アトピー性皮膚炎や赤ちゃんの湿疹には、保湿が有効なものがたくさんあります。

肌のバリア機能がまだ強くない赤ちゃんは、保湿剤を塗ることで肌をコーティングしてあげると良いでしょう。

湿疹ができる前から、毎日の習慣としてお風呂上りや、朝のお出かけ前に保湿をしてあげるようにしましょう。

保湿の方法としては、どんな状態でも保湿剤を塗ればいいというものではなくて、

赤ちゃんの肌が清潔な状態で保湿剤を塗ってあげることをオススメします。

白色ワセリン(プロペト)や、消炎作用が入ったアズノールなどがよく処方された保湿剤です。

ベタつくので、お母さんの家事で差支えがない時に使用をすることをおすすめします。

赤ちゃんに塗ったついでに、お母さんも伸ばして使ってみてください。

アズノールは、赤ちゃんのおむつかぶれにもとても人気がある塗り薬です。

市販では同じようなものが売られていないので、処方してもらって使用していました。

炎症が見られる肌に、基本的には効き目が感じられる塗り薬と言えます。

信頼できる皮膚科を探す

これが一番重要なところです。

薬局の薬剤師さんに相談をしてもらってもいいですが、赤ちゃんの肌は敏感で、様々な皮膚炎をおこします。

アレルギーが不明ということなども考えると、市販薬で済ませるには少し不安があります。

病院の先生に診てもらって、しっかりと効き目を感じられる薬を処方してもらうことで、

安心して治療を行うことができるのではないかと思います。

皮膚科と一言で言っても、先生の考え方はそれぞれ違っていました。

アレジオンのような、アレルギーの飲み薬を処方される方や、漢方薬で体質を変えるところから考えるという先生もおられます。

先生によって考え方や使用する薬が異なりますので、自分が信頼できる先生を探すところが重要なポイントであると思いました。

とりあえずこの薬を塗ってください。という先生よりは、これを何日、1日何回塗ってみて、

何日後にまた見せてください。というように、スケジュールを立ててみてくれる先生が、私は信頼することができました。

赤ちゃんの湿疹は、すぐに治るものから、なかなかしぶといものまで色々な種類があります。

お母さんは治らないからとイライラや不安を抱えてしまうことがないように、

ゆっくりと先生に任せながら治療を進めてください。

 

まとめ

  • ステロイドは時期をまもれば怖くない
  • 保湿の前に肌を清潔にする
  • 信頼できる病院、先生を見つける!口コミも参考に

赤ちゃんの湿疹に悩んでいるお母さんは、ステロイドの薬を怖がって避けてしまうのではなく、

治療の早い方法として一度使用してみるという考え方も頭に置いておくと楽に考えられるのではないでしょうか。

不安なことやいろんな相談を気軽にできる先生が見つかることを願っています。

-アレルギー, 未分類, 病院

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.