未分類 水分補給 衛生面

赤ちゃんの飲み物の温度はどのくらいがちょうど良い?夏の場合は?

投稿日:

母乳やミルク以外の飲み物が飲めるようになった赤ちゃん

でもその場合って、どのくらいの温度であげたら良いのかな?

そんな疑問を持つママも少なくありません。

 

今回は、赤ちゃんの飲み物の温度について

夏場の暑い日の場合も含めてお話しますね。

 

普段からあげている母乳やミルク

実際の温度って考えたことがないですよね。

でもそこを参考にして考えてみると、分かる事がありますよ。

 

赤ちゃんにあげる飲み物の温度について


離乳食が始まる頃、ミルク以外の飲み物を飲むようになります。

湯冷ましや麦茶も同様で、飲み物の温度には注意が必要です。

私は飲み物の温度にすら、気が付かずいた新米ママでした。

でも、何気に周りのママ友の話を聞いて「あれ?」と思ったのです。

なので、温度は知っていた方これから役に立つと思いますよ。

教えて!どのくらいの温度が良いのかな?

赤ちゃんにとっての適切な温度は、〝人肌″くらいが1番です。

いわゆる、常温の状態を想像して頂ければ分かりやすいと思います。

購入したジュースなどの場合、冷やさずそのまま開封

冷蔵庫などで冷やす必要はありません。

ただ、飲み残した時は、必ず冷蔵庫で保存します。

次に使う時は、いったん冷蔵庫から出して常温に戻しましょう。

母乳の温度で想像すると、温めていない、冷やしてもいない。

そのままの温度と言うことになります。

なので、赤ちゃんにあげる温度は、常温。

ここをヒントにすると分かりやすいですよ。

 

飲み物の温度を意識することって、正直あまりないのでは?

そう思ってしまった私でした。

なんとなく、自然に大人と同じように対応してしまう。

それが普通な感じであり、赤ちゃんにとっては?と意識しなかったです。

でも実際は、飲み物の温度は大切で、赤ちゃんにとっては重要。

常温以外だと、体調を崩すと知った時は「え!?」と思いました。

新米ママにとっては、本当に知らないことだらけです。

色んな失敗をして、更に次のステップへ進むママ。

間違えた事を後悔せず、次は同じ失敗がないようにしてあげる。

それで良いと思います。

私も育児は、何度も失敗を繰り返しました。

でもそれでママは少しずつ成長していくんです。

なので、飲み物の温度のことは頭の片隅に入れておいてくださいね。

夏でも常温!?冷やさなくても良い?

夏場でも変わらず、常温で大丈夫です。

脱水症状も気になりますので、小まめに水分補給をしてあげます。

暑くて汗をかいている赤ちゃんを見ると、冷たい物でも…

そう思うママがほとんどだと思います。

ですが、赤ちゃんは消化器官が未熟です。

その為、冷たい飲み物を与えると、胃腸を刺激して下痢の症状が出ます。

生まれてすぐの赤ちゃんですと、可能性は高くなります。

離乳食が始まると、少しずつ冷たい物も大丈夫な時期がきます。

月齢と共に、すこしずつ温度を変えていってあげましょう。

 

夏でも常温と言う事を知らなかった私。

なので、冷たいリンゴジュースを飲ませてしまった経験があります。

これには、本当に大失敗でした。

汗も沢山かいている娘

私と同じ冷たい物が良いと思い込んでしまったのです。

そのせいで、夕方には軽い下痢の症状が出てしまい。

娘には辛い思いをさせてしまいました。

何気にママ友に話をしたら、怒られてしまいました。

その日以降は、飲み物の温度にも気を付けあげるようにしましたよ。

まとめ

● 人肌くらいが適切な温度

● 飲み物は常温で大丈夫

● 夏場でも冷やさなくてOK

● 冷たい飲み物は下痢を伴う

母乳やミルク以外の飲み物を冷やして飲ませないようにして下さい。

出来るだけ常温に近い状態で、与えてあげる。

冷たい飲み物は身体も冷やすので、温度にも気を付けてあげましょう。

ママとパパで飲み物の温度管理をしてあげて下さいね。

-未分類, 水分補給, 衛生面

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.