エコー

赤ちゃんの性別は何ヶ月頃で分かるの?女の子は分かりにくい?

投稿日:

妊娠がわかると、赤ちゃんの性別が気になるお母さんも多いのではないでしょうか。

二人目以降の妊娠の場合には、上の子と違う性別が良いという人や、

同じ性別で育てたいという人など様々だと思います。

私の場合は、上の子が男の子だったので、女の子がほしいと思う反面、

どちらの性別でも元気な姿が見られれば安心とも考えていました。

もし三人目となれば、女の子が欲しいですけどね(^^)

今回は、

『赤ちゃんの性別は何ヶ月頃で分かるの?女の子は分かりにくい?』

という質問についてお答えしようと思います。

 

お母さんによっては赤ちゃんが生まれるまで性別は知りたくないという人もいると思いますが、

比較的わかりやすい男の子の象徴は、検診中に見えることもあります。

私の経験談を元に、性別がわかる頃のことをお伝えしたいと思います。

男の子は早めにわかってしまう!

男の子は6ヶ月にわかる子がほとんどです。

私は二人の男の子を出産しましたが、妊娠中には早めに性別が知りたいと考えていました。

性別がわかると赤ちゃんの用品の買い物も楽しくなるので、検診の度に聞いていました。

男の子の象徴が見えたのは6ヶ月

あっ!男の子ですね。という感じで、あっさりとわかってしまいました。

女の子の場合は、股の形がはっきりと見えるまでは判定されないことが多いようです。

 

女の子の判断基準

性別を判断するのは、男女ともにやはり股の部分ですよね。

男の子の場合には、象徴があるかどうかですぐに判断することができますが、

女の子は赤ちゃんの体制によっては生まれるまで確定ではないことがあります。

検診の時に動き回る赤ちゃんもエコーで診ることが難しいことがあります。

私の友人は、女の子なんだけどまだ確定とは言われていないという人がほとんどでした。

曖昧な判断の場合には、赤ちゃん用品も揃えにくいですよね。

男の子も女の子もわが子は愛おしい

男の子がいい。

女の子がいい。というこだわりや希望を持っているお母さんも、

実際に妊娠から出産を赤ちゃんと過ごすにあたって愛おしくなりますよね。

絶対に性別にこだわる必要がある場合には、産み分けのアドバイスをしてくれる病院を受診することがおすすめです。

産み分けをしたところで必ずその性別の赤ちゃんが生まれるとは限りませんが、

後悔をしないという考えからも一度挑戦をするのもひとつですよね。

しかし、赤ちゃんは本当に愛おしいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 男の子は象徴が見えると確定。平均的に6ヶ月ごろ。
  • 女の子はなかなか確定できないことがほとんど。
  • 赤ちゃんの性別ばかりにこだわりすぎないように。

自分のお腹の中にいる赤ちゃんの性別はどちらなのかとても気になりますよね。

赤ちゃんが男の子でも、女の子でも本当にかわいいです。

こだわりが多きくなりすぎないように、ゆっくりと赤ちゃんの成長を楽しみましょう。

-エコー

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.