未分類

赤ちゃんのニキビが体に出来る?発疹とニキビと見分け方とは。

投稿日:

生まれたばかりの赤ちゃんのお肌は、スベスベ。

でも多くの赤ちゃんは生後数週間後に、肌トラブルを起こしがちです。

でも新米ママは、何もわからないことだらけ。

発疹?アトピー?ニキビ?と不安を感じてしまうことでしょう。

 

今回は、そんな不安を取り除くため、赤ちゃんのニキビについて。

発疹とニキビの見分け方など、お話をしていきたいと思います。

 

赤ちゃんの為に知っておこう!ニキビのこと!

生後3か月までに出来るニキビを、新生児ニキビともいいます。

1番の原因は、ママのお腹にいるときにもらった男性ホルモンが影響。

皮脂の分泌がひどくなるので、ニキビが出来やすいお肌になっています。

女の子よりも、男の子が影響を受けやすい。

なので、男の子がニキビは出来やすいですよ。

赤ちゃんの体にニキビが出来るの!?

主に、顔や頬、おでこ又は頭に出来る物をいいます。

1番多いのは、顔の周辺に出来るのが特徴です。

生後2週間から1ヵ月の赤ちゃんに見られる症状のニキビ。

大人や思春期の子供に見られるニキビと同じで、白い芯が入っています。

よく皆さんが知っている吹き出物と言うできものですよ。

 

私の娘も生後少したってから、ブツブツが出来始めました。

その時は、乳幼児湿疹かな?と、ニキビの事は頭にありません。

ニキビが体に出来ないと知らなかったのです。

しばらくすると、顔のブツブツに白い芯がみえたのであれ?と感じました。

それと同じようなブツブツは身体には出ていないので、不思議でしたね。

たまたま遊んだママ友に、ニキビと教えてもらい対処する事ができました。

体には乳児湿疹、顔にはニキビ。

二つのブツブツが出来て、知らないことばかりだったので驚きました。

でも、ママ友に教えてもらったので、早いケアが出来て良かったです。

少しでもあれ?と思ったときは、誰かに聞いてみると良いですよ。

教えて!発疹とニキビの見分け方とは?

先ほどお伝えしたように、体中にニキビが出来ることはありません。

顔周辺以外に発疹が出来たら、ニキビ以外の病気を疑いましょう。

ニキビはぽつぽつと尖ったり、白くなっています。

よく見るニキビ、吹き出物なので、急いでの病院の受診は必要ありません。

乳児湿疹、発疹のように身体中に赤いブツブツとは少し違います。

なので、ニキビと発疹は、見分けやすいと思いますよ。

ニキビが悪化すると、赤みが増してニキビが広がり炎症を起こす事もあります。

また痛みやかゆみの症状も出てしまうと、赤ちゃんにとってもは辛いですね。

 

治療をしなくても、自然に治癒できるのがニキビです。

しっかり石鹸を泡立てて洗ってあげること。

いつも清潔を保ってあげることが肝心だと思いますよ。

ニキビを出来るだけ早く見つけて、お肌ケアしてあげましょう。

 

発疹とニキビ、私も本当に恥ずかしいですが見分け方を知りませんでした。

白い芯を見つけて初めて疑問を感じたくらいです。

ニキビと発疹、皮膚トラブルで同じじゃない?と思いがちです。

基本は清潔ですが、悪化すると大変になってきます。

ニキビにはニキビケア、発疹には発疹ケア。

わからないことばかりだと思いますが、焦らずゆっくり対処してあげて下さいね。

でもあらかじめ知っておくと、いざと言う時に対処できますよ。

今日お知らせしたことを忘れず、ママが発疹とニキビを見分けであげて下さいね。

まとめ

● ニキビは、赤ちゃんの顔や頬、おでこにできる

● 赤ちゃんの体にはニキビは出来ない

● 白い芯のある出来物がニキビ

● 症状が悪化すると痒みと痛みがある

ニキビについてお話をしてきました。

赤ちゃんの顔にブツブツ出来てしまったら…

どうしようと不安を感じてしまいます。

ニキビと早い段階で判断できると、赤ちゃんにとっても1番。

きちんと洗顔して、汗をこまめに拭いてあげる。

清潔を意識しながら、自宅でケアしてあげて下さいね。

お知らせした場所以外に、水疱やニキビと違う症状が出た場合

早めに皮膚科や小児科の受診をしましょう。

-未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.