1歳 授乳 母乳

赤ちゃんの卒乳の方法ってどんな感じ?ママが試した卒乳方法!

投稿日:

赤ちゃんが母乳を飲む姿は本当に癒されますよね。

1歳を過ぎたころ、お母さんが仕事を始めることなどをきっかけに、

赤ちゃんの卒乳を考えるお母さんも多いのではないでしょうか。

今回は、

『赤ちゃんの卒乳の方法ってどんな感じ?ママが試した卒乳方法!』

についてご紹介をしたいと思います。

私は母乳を二人の息子に与えていましたが、最近実際に経験した、

次男の卒乳の方法についてお伝えしていけたらと思っています。

1週間前から赤ちゃんに卒乳を伝える!

言葉を話すことがまだできない赤ちゃんですが、

カレンダーを見せてあげて、この日におっぱいとバイバイしようね。

と伝えることが大事です。

二人目の卒乳ということで、ミルクが残ってしまうことがないように、

母乳外来に通って卒乳をしました。

母乳外来の先生は、子供の名前をカレンダーに書き、

この日にお母さんのおっぱいとはバイバイしようね。

と言い聞かしてくれていました。

寂しい顔をしたり、自分が先生に何かを言われているという感覚は伝わっていたようです。

お母さんも心の準備がいるように、赤ちゃんにもしっかりと前もって伝えてあげましょう。

終わりは情を感じない!

お母さんは1日に何回も赤ちゃんとくっついていて、

卒乳となるとやはり寂しい気持ちになって当たり前です。

もちろん、同じ感情以上のものを赤ちゃんも感じています。

お母さんは赤ちゃんに情を見せることなく、自分に厳しくなって

きっぱりと辞めることが大切です。

私も、おっぱいを探す赤ちゃんを見ていると寂しさを感じ、

旦那の前で大泣きをしました。

これも、成長の一つですよね。

アンパンマンが効果的

卒乳の日の朝にお乳をのませたら、お乳にアンパンマンを書きます。

赤ちゃんは服をめくって探してきますので、アンパンマンに食べられちゃった。

と説明します。

びっくりした表情を見せながら泣いてしまいましたが、

次の日には確認の回数が少しずつ減っていきますよ。

赤ちゃんが完全に忘れるまでは、お風呂に一緒に入らないようにしましょう。

自分で淹れないといけない場合には、服を1枚着ながら入れてあげてください。

私も実際、タンクトップを機ながらお風呂に入れていました。

濃いものの摂取は禁物!

お母さんにとって過酷な3日が始まります。

卒乳をしたからと言って母乳が止まるわけではありません。

溜まった母乳を絞り捨て、張ったお乳をケアしなければなりません。

ケアしながら、「卒乳をしなくても良かったかも・・」

と何度も考えました。

今までにないくらい痛くて熱を持ったお乳を、

赤ちゃんが見ていないタイミングで絞り出します。

できれば、旦那さんや家族の方に手伝ってもらい、

赤ちゃんと離れる時間を持つことをオススメします。

本当に卒乳をする時の感情は、お母さんにしか感じられないものです。

1日1日を大切にしましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんに卒乳の日にちを伝える。
  • アンパンマンを書いて、お乳がないことを告げる。
  • 濃いものを食べない、運動も控えめに。

赤ちゃんにとって、成長の第一歩である卒乳を、

家族みんなで助けてあげましょう。

お母さんは、自分の体を大切にし、ケアを怠ってしまうことがないように

気を付けてくださいね。

-1歳, 授乳, 母乳

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.