未分類

赤ちゃんが高熱の時は座薬を使う?座薬の正しい使い方とタイミング

更新日:

「一応だしておきますね」

医師から出された赤ちゃんの座薬

使った事のないママは、少し不安になりますよね。

 

今回はそんな不安を解消

「赤ちゃんが高熱の時は座薬を使う?座薬の正しい使い方とタイミング」

こちらについてお話をしていきましょう。

 

初めて娘に座薬を使った時のこと、今でも忘れません。

今でいいのか?どうしようか、かなり迷いました。

ぜひ参考にして、いざと言う時に役立てて下さいね。

 

赤ちゃんの発熱・座薬について

高熱の時だけ座薬を使うの!?タイミングは?

タイミングは、38.5度を超えていて、ぐったりしている時。

赤ちゃんが元気であれば、使わなくてOKです。

38度でもぐったりしていれば、使っても問題ありません。

赤ちゃんが元気かどうか…

ここはとても座薬を使うタイミングとしては大事です。

また、熱性けいれんの心配がある赤ちゃんは、早めに使用しましょう。

初めて娘に座薬を使ったのは、1歳になる前

風邪をひいて、38度を超える熱で辛かった時でした。

座薬を使うと、娘の熱も下がり元気な様子で嬉しかったです。

座薬の正しい使い方

座薬を1度使っても、熱が下がらない。

そんなことも、育児をしていく上では沢山でてきます。

しかし、連続して座薬を使うことはやめましょう。

座薬を挿入した時間が、最低3~4時間はあけること。

1日時間を空けて使用しても、4回まで使えます。

赤ちゃんに座薬を挿入して出てきちゃった場合

解けずに出てきたのであれば、再度挿入です。

もし溶けてきたものが出てきたのであれば、中で薬が溶けているので

2.3時間様子を見て、下がらなければ再度座薬を使ってください。

座薬の挿入方法ですが、ベビーオイルを使うと上手にママも入れられます。

先のとがった方から肛門に挿入

入れ切った後は、肛門をしばらく抑えて待ちましょう。

効果が出るのは、1時間~2時間前後です。

平熱に戻ると言う考えではなく、座薬を入れる前より

熱が下がっているかどうかで判断。

少し下がっていれば、座薬の効果ありですよ。

そのまま様子を見てあげてくださいね。

また座薬の保管は、冷蔵庫内で6カ月です。

使用期限が過ぎたものは、使ってしまわないように破棄しましょう。

赤ちゃんに座薬を使うことに、抵抗を感じるママもいます。

ですが、熱で苦しむ赤ちゃんが楽になるのであれば使いましょう。

私もかなり迷ったママの一人です。

でも熱が下がった娘をみて、良かったと思いましたよ。

使い方を間違えなければ、何の問題もありませんよ。

まとめ

● 38.5度の高熱でぐったりで、座薬のタイミングはOK

● 38度でもぐったりしていれば、使用は大丈夫

● 座薬を入れる判断は、元気かどうかも大事

● 次の座薬は、3時間~4時間あける

使い方を間違えず、座薬を上手に利用して下さい。

きっと赤ちゃんも高熱から解放され、楽になれますよ。

-未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.