衛生面

赤ちゃんの頭皮のうろこははがしても大丈夫?放っておいた方が良い?

投稿日:

 


赤ちゃんの肌はとても敏感で、よだれでも肌がかぶれてしまうほど弱いです。

アトピー体質の赤ちゃんは特に全身の肌が弱い特徴があります。

長男はアトピー体質で、特に冬場になると頭皮の皮までめくれていました。

皮膚科にも通いましたので、赤ちゃんの頭皮がめくれてしまうことで悩んでいるお母さんに

何かアドバイスができればと思います。

今回は、

『赤ちゃんの頭皮のうろこははがしても大丈夫?放っておいた方が良い?』

という疑問にお答えしていこうと思います。

皮膚科の先生が教えてくれた頭皮のケア方法と、

完治するまでにかかった期間などについてもご紹介をしていきたいと考えています。

 

乳児脂漏性湿疹という症状かも!

生まれたての赤ちゃんから、2ヶ月の赤ちゃんによくみられる

頭皮のかさつきやめくれには、頭皮脂漏性湿疹という症状名が付いています。

長男は、アトピー体質でしたのでその症状かと思っていましたが、

皮膚科の先生に言うことには、アトピーは関係がないということです。

赤ちゃんは肌が弱いですが、皮脂が多いということもありこの症状になる子が多いようです。

肌がめくれているように感じますが、お母さんのおなかの中から出てきて

環境の変化によって皮脂が固まってめくれていることもあるので、過度に心配をしなくても大丈夫とのことでした。

 

乳児脂漏性湿疹の治し方は

皮脂が固まってできているめくれは、乾燥によって解消することが多いです。

めくってあげた方がいいのかな。とお母さんは心配になるかと思いますが、

故意にめくることは避けましょう。

はじめにお伝えしたように赤ちゃんの肌はとても弱く敏感です。

皮脂をめくっている間に、頭皮の皮までめくれてしまわないように気を付けましょう。

お風呂に入ったときに、赤ちゃん用の石鹸でゆっくりとお湯につけながら撫でてあげましょう。

毎日回数を重ねていると、2ヶ月ほどですべてなくなりました。

清潔を保ってあげるのがポイント

いくら赤ちゃんの皮脂であるとはいえ、雑菌などが混ざっていることもあります。

皮脂がめくれて落ちてしまっている間は、布団の清潔を保ってあげることがポイントです。

布団クリーナーやシーツの交換をこまめにしてあげることが大事です。

皮脂がめくれている間は、薬を塗って治すというよりも、

赤ちゃん用の化粧水を使用して、頭皮が乾燥してしまうことがないように気を付けましょう。

軽くブラッシングをしてあげると、皮脂がめくれやすくて重宝しました。

必ずそのあとはケアをしてあげるようにしましょう。

まとめ

  • 乳児脂漏性湿疹という症状かも
  • 頭皮ではなく皮脂が固まってめくれたものです
  • 保湿を怠ることなく、布団などのケアも忘れずに

頭皮がめくれてしまうとお母さんは不安になるかと思いますが、

赤ちゃんにはよく見られる、乳児脂漏性湿疹という症状かもしれません。

2ヶ月から3ヶ月で治ることが多い症状なので、

お母さんはあまり心配せずにケアをしっかりとしてあげましょう。

 

-衛生面

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.