未分類

赤ちゃんの部屋のエアコンは冬何度設定がいい?気を付けることは?

更新日:

 

赤ちゃんは暑がりな子が多いです。

薄着で育てるように気を付けることがあせもなどを作ってしまわないためのポイントです。

赤ちゃんにとって適温は何度なのでしょうか?

なかなか産院では指導されないので、悩むこともありますよね。
今回は、『赤ちゃんの部屋のエアコンは冬何度設定がいい?気を付けることは?』ということについてご紹介しようと思います。

赤ちゃんは体温が高くて頭に汗をかいていても、手足は冷たいということがあります。

寒いと勘違いをして室温をあげてしまうと、赤ちゃんが汗をかいてあせもになってしまうので気を付けたいですよね。

今回の記事担当はあすかです。
ライターあすかのプロフィールはこちら

半年くらいの赤ちゃんは20度で

赤ちゃんの月齢にもよりますが、半年くらいまでの、1日を寝たまま過ごす赤ちゃんにとっては、20度くらいの設定で、掛布団などで調節してあげましょう。

ハイハイやお座りなどをして動くようになってきた赤ちゃんは、靴下を脱いでしまうこともあるので、22度くらいに設定をして動いても暑くない室温に設定することがおすすめです。

寝たままの赤ちゃんは、布団の中にいることが多いので、室温が高すぎると暑くて汗をかきやすくなってしまいます。

動くことができる赤ちゃんは、服を薄めに着せてあげるように心がけ、部屋の温度を少し高めに設定することが望ましいと思います。

赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんは、ちょっとした気温の変化にも敏感で、体温の調節機能がまだ整っていないと言われます。

平熱も37度を超える子が多く、暑いのではないかと感じ薄着にしてしまうと風邪を引いてしまったりと、本当に難しいものです。

自宅での室温は、湿度計を置いてお母さんが確認をしてあげるように心がけてくださいね。

 

まとめ

手足が冷たいことで寒いのかと感じることが私の息子も良くありました。

靴下をはかせては脱いでしまい、どのように体温の調節をしてあげることが最適なのか迷うこともありますよね。

18度から22度くらいの範囲で、室温を保ちながら、赤ちゃんの様子を見てあげるように心配しすぎることなく過ごしましょうね。

-未分類

Copyright© あかハピ♪赤ちゃんの成長応援・便秘や熱の健康対策ブログ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.